読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

テバルディ チェトラ初録音シリーズ(3)

今回は前回に引き続き、チェトラへのテバルディのSP録音から、1950年5月に録音された分の残りをご紹介します。 8. ヴェルディ『オテッロ』から "Era più calmo?...Mia madre aveva una povera ancella,...Ave Maria" ちょっと歌いまくりすぎているこの日の…

テバルディ チェトラ初録音シリーズ(2)

今回は前回に引き続き、チェトラへのテバルディのSP録音から、1950年5月に録音された分をご紹介します。 5. モーツァルト『フィガロの結婚』からスザンナのシェーナとアリア "Giunse alfin il momento...Deh vieni, non tardar" これはテバルディのレパー…

テバルディ チェトラ初録音シリーズ(1)

さて、デッカに残された録音のほかに、翌1950年にはチェトラにもアリアが数曲、SP録音されました。こちらはデッカのようにリマスターしていないので、音質が良くないのが残念です。今回は貧しい音を極力大きくするよう調整しましたので、少々音が割れること…

アリア聞き比べ "Vissi d' arte"

アリアの聞き比べ、今回はプッチーニ『トスカ』の"Vissi d’ arte"。 比較の対象はモンセラート・カバリエとミレッラ・フレーニです。選定理由は前回書いたとおりです。 今回も、歌手の歌を交互につなげた動画を使います。最初はカバリエとの動画ですが、カバ…

アリア聞き比べ ”In quelle trine morbide"

予告させていただいたとおり、二回に分けてアリアの聞き比べをしてみたいと思います。最初はプッチーニ『マノン・レスコー』の”In quelle trine morbide”。 比較の対象はモンセラート・カバリエとミレッラ・フレーニです。どちらも「美声」の歌手に入れてい…

テバルディ デッカ初録音シリーズ(2)

さて、今回はテバルディのデッカへの初録音6曲のうち残り3曲をご紹介します。 録音データを繰り返しますが、収録日、1949年11月23日、指揮、アルベルト・エレーデで、演奏のオーケストラは不明です。 4. プッチーニ『蝶々夫人』から"Un bel dì vedremo" こ…

テバルディ デッカ初録音シリーズ(1)

一連の伝記情報の記述の中でも触れたとおり、テバルディのキャリアの中で大きな比重を占めている、スタジオ録音中のエピソードなどは、私が依拠した伝記には全く書かれていません。 なので、どういういきさつで、デッカが自社のイタリア・オペラ部門における…