読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

『ラ・ボエーム』 聞き比べ(2)

始めにご連絡★ 最近、YouTubeの動画投稿者が増えているらしく、処理に時間がかかっているようです。私はスタート画面(サムネイルといいます)に必ず歌っている歌手の写真(なるべく写りの良い物)を選んで、それを指定しているのですが、反映まで2日から3…

『ラ・ボエーム』 聞き比べ(1)

このブログを再開した比較的初期の段階で、テバルディと後輩歌手達を比較するのは余り意味がないということに気づき、そうすることは極力控えることにしようと考えるようになりました。 ただ、今回の『ラ・ボエーム』については、是非とも微細な部分まで聞い…

1951年 『ラ・ボエーム』 スタジオ録音(4)

1951年スタジオ録音の『ラ・ボエーム』の音源から、第四幕の、テバルディの登場場面の音源をご紹介します。 1. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第四幕 "C’ è Mimì! C’ è Mimì che mi segue" 今度も主にミミのパートを追っていきます。第一声の"Rodolfo!"にはト…

1951年 『ラ・ボエーム』 スタジオ録音(3)

1951年スタジオ録音の『ラ・ボエーム』の音源から、主にテバルディの歌っている場面をご紹介しています。今回ご紹介するのは、第三幕の後半部分です。 1. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第三幕 "Marcello. Finalmente!"--- "D’ onde lieta uscì" 入りには指示…

1951年 『ラ・ボエーム』 スタジオ録音(2)

さて、前回に続いて、1951年スタジオ録音の『ラ・ボエーム』の音源から、主にテバルディの歌っている場面をご紹介します。今回は第三幕、いよいよミミの病状が悪化して、ロドルフォとの別れ話が持ち上がる幕です。 1. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第三幕 "M…

1951年 『ラ・ボエーム』 スタジオ録音(1)

テバルディの歌はやっぱり、音の綺麗なスタジオ録音で聞きたい、とお考えの方も多いのではないかと思います。私がライブも含めていろいろな音源を聞き比べた結果では、スタジオのテバルディは少々大人しすぎるように思えるので、彼女のベスト・パフォーマン…