読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

『蝶々夫人』ご本人ご使用のスコア

私のように、テバルディのファンと言っても、オペラを聞き始めたのが比較的遅く、(大学生の時代から)すでに音楽メディアとしてCDが定着し始めた頃にオペラのファンになった者は、当然のことながら、彼女の現役時代の情報や資料は後から集めるしか手段が…

1951年 『蝶々夫人』 スタジオ録音(4)

1951年の『蝶々夫人』のスタジオ録音から、第二幕の第二部の抜粋動画をご紹介します。 1. プッチーニ 『蝶々夫人』 第二幕 第二場 "Suzuki! Suzuki! Dove sei?" この前のシーンもかなり長いのですが、容赦なくカットしました。 "Suzuki, Suzuki"は最初から2…

1951年 『蝶々夫人』 スタジオ録音(3)

1951年のスタジオ録音『蝶々夫人』から、テバルディの出演部分を主にご紹介しています。 1. プッチーニ 『蝶々夫人』 第二幕 第一部 "Ora a noi" 邪魔がやっといなくなって、シャープレスが本題に入れるところです。 入りには特に指示はありません。テバルデ…

1951年 『蝶々夫人』 スタジオ録音(2)

前回に引き続き、1951年録音の『蝶々夫人』のモノラル盤の音源から、主にテバルディの出演場面の動画をご紹介します。 1. プッチーニ 『蝶々夫人』 第二幕 第一部 "E Izaghi ed Izanami"---"Un bel dì" 途中から抜き出すのもどうかと思ったので、前奏から入…

1951年 『蝶々夫人』 スタジオ録音(1)

1951年録音の『蝶々夫人』のスタジオ録音から、テバルディの登場シーンを中心にご紹介します。 この『蝶々夫人』も、1958年録音のセラフィン指揮のヴァージョンのほうが圧倒的に有名で、その陰に隠れてしまった、モノラル時代の録音ですが、とにかく、美声の…