読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

今日はテバルディのお誕生日です!

テバルディ・歌唱の鑑賞に関する情報・その他

今日はテバルディの誕生日です。もしご存命なら95歳でした。

というわけで、

f:id:AkankoMarimo:20170201093317j:plain


Buon Compleanno, Renata!

お誕生日、おめでとうございます!


***********************

私が残念に思っているのは、彼女の存命中は私も仕事を持っていて忙しく、とても今のように細かい歌の鑑賞をしているゆとりがなかったことです。

その頃ももう私にとって、彼女はソプラノ歌手の中では私にとって特別な存在でしたが、何とかイタリア語で作文してサインを頂くというところまでいきませんでした。

世界は年々ゆとりがなくなっていく・・・。これだけテクノロジーが発展したのに、むしろ人間の心は貧しくなっていくように思えるのです。

オペラが聞かれ、真に歌手の素晴らしさが評価できていた時代のほうが、いろいろな物はなくても、人の心は豊かだったのではないだろうか、と思う今日この頃です。

とにかく、今日はこの偉大な歌手の重要な記念日を心から祝いたいと思います。

************************

さて、このブログを立ち上げてから20日余りが過ぎました。たったそれだけですから当然なのですが、定期的に訪れて下さる方は、正確に把握できてはいないとしても、1桁です。

動画の再生回数も伸びていません。理由はわかっています。今の某国の大統領が選出された日に、私はこの世界が決定的に悪い方向に向かったと信じ、操作性に慣れているからというだけの理由で使っていたその国が経営主体のブログサービスを金輪際利用すまい、と決心しました。それで、唐突だとは思いましたが、即刻ブログを閉鎖したのです。

動画については、その国のサービスだとわかっていても、今もやむなく使用しています。他に広くいろいろな方の目にとまる動画サービスがなく、今のブログサービスは事実上、その動画サービスとしか連携していないからです。

結果的に、それまでもさんざん読者の方々を振り回したあげく、十分閉鎖前の期間をおかずに突然ブログを閉鎖するという暴挙に至ったため、たとえ愛好する歌手の専門ブログであっても、私のような無責任なブロガーが運営する(そういうつもりはありませんでしたが、そう思う方がいらしても仕方のないことをしましたので)ブログは二度と読まない、動画も見ない、と決心なさった方も多いようです。

閉鎖した後、本来は、再開の日は今日2月1日と決めて、それをめどに、ご紹介予定のレパートリーの台本の翻訳作業にいそしんでいました。そして、最初の比較動画なども作成していました。それが前倒しになったのは、以前書いたとおり、新しいブログサービスの操作性に慣れたり、ブログの見栄えを整えたりする準備期間がどうしても必要だと判断したからです。

再開してみて、それでも私のブログを定期的にお読み下さっている方々が少なくとも1桁はおいでになる、ということだけはわかりました。ブログはやはり読まれてこそ意義のあるものです。不安定な再開の日々を支えて下さっている読者の皆様に、深く感謝申し上げます。

皆様のご訪問がどれほどありがたいことか、ブログを作ってみたことのない方にはおわかりになりにくいかもしれません。ブログ主にとっては、この上なく励みになることなのです。

それで、このブログの記述が終了した後、可能なら、読者限定のブログを立ち上げるなり、特別な動画へのアクセスを可能にするなり、いずれにせよ、今回のブログに早々といらして下さった方々だけにプレミアムとして何らかの特別なコンテンツをご提供し、ご恩返しをしたいと思います。

まだまだ先のことになりますが、そのコンテンツにアクセスするには、パスワードを入れないと入れないようにするつもりです。下の画像にパスワードを記入しておきますので、どこかにメモして、保存しておいて下さいましたらありがたく存じます。

        画像は締め切りにつき、削除させていただきました。

 

この画像は2日おいたら削除する予定です。どうぞ、それまでに控えを残して下さいますよう。

************************


次回からは再び音源のご紹介に徹したいと思います。まずは1949年のスカラ座での『アンドレア・シェニエ』のライブから。この音源は元々部分的にしか残っていませんので、ご了承下さい。