読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 ナポリ サン・カルロ劇場での『ラ・ボエーム』(3)

LIVE ラ・ボエーム

引き続き、1951年1月10日、ナポリ サン・カルロ劇場で行われた『ラ・ボエーム』のライブ録音から、テバルディの登場シーンを中心にご紹介します。


1. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第三幕 

"Marcello. Finalmente!"--- "D’ onde lieta uscì"


さて、前の場面でテバルディが余りにも素晴らしすぎて、記事が長くなりましたので、二回に分けることになったのですが、まずは、ロドルフォとマルチェッロのやりとりが続きます。

最初はほとんど指示がありません。ロドルフォの"Ora il tedio l'assai"で、アラルガンドの指示があったと思ったら、最後の"-sai"で"a tempo"にしろと。忙しいですね。

マルチェッロって、結構大変な役なのだということも実感。歌いまくるというよりは、抑えめでないといけないようなのです。"Cambio metro"と"Dei pazzi è l' amor..."のフレーズの頭にそれぞれピアノの指示が。そうかと思うと、"Se non ride e..."の頭はフォルテで、急速にデクレッシェンドし、"Tu sei geloso"はまたピアノ。"Collerico, lunatico..."のところでは"noioso, cocciuto"のあたりからクレッシェンドです。

では、お二人の歌は?これが、歌いまくっている・・・。ラウリ=ヴォルピはやかましいテンポの指示などどこへやら。ゴッビはせいぜい"Tu sei geloso"がかろうじてピアノになっているだけで、少々滑稽な効果のある、ロドルフォの性格描写で妙なことを並べるくだりでは、全体がクレッシェンドしてしまっています。この二人があまりにもスコアを無視しているので、テバルディがどれだけ凄かったか際立ってしまうくらいです。ゴッビは緻密な歌手だったかのように思われていますが、それは先入観の定着に過ぎなかったのだとわかってしまいました。

"Mimì è una civetta..."とロドルフォがでたらめの話をするくだりにはト書きしかありません。(con amarezza ironica)「皮肉な苦々しさをこめ」ですね。"Un moscardino di viscontino..."は(con grande ironia)「大いに皮肉っぽく」"Ella sgonella..."は(con ironia crescente)「皮肉な調子を高め」ですが、彼の歌はそういう風には聞こえません。伴奏と合わなくなるほど歌い急いでいるのに嫌でも気づく、だけ。

次のマルチェッロ"Non mi sembri sincer"の方に"sembri"からラレンタンドの指示。全部ゆっくり歌っているようですが・・・。テンポについては歌手のせいだけにはできません。指揮の問題もあります。ですが、テバルディが前のシーンであれほどスコア通りだったのと比べると、気合いが入ってないな、と感じずにはいられません。

ロドルフォの"Ebbene no..."は頭にフォルテなので、ここからは歌いまくってもOKですが・・・。"invan, invan nascondo"は"sostenendo"ですが、"la mia vera tortura"は"a tempo"です。前は丁寧に延ばしながら、ですが、次はもう以前のテンポに戻らないといけません。"Amo Mimi sovra ogni cosa al mondo, io l' amo"は"mondo"でフォルテ、"ma ho paura"で"accellerando"「早める」ですね。フレーズの終わりでデクレッシェンドし、次の"ma ho paura"は大変。"pa"がリタルダンドなのに"u"は"a tempo""ra"はラレンタンドという細かさ。音節ごとにテンポが違う!むしろ、ミミのスコアより繊細な対応が求められるのですが。

年齢の問題もありますから、ラウリ=ヴォルピが実践できていなくても仕方のない部分はあります。ただ、"mondo" より"io l' amo"の方が強いですね。テンポのあまりにも細かい指示には全く対応していません。これは細かすぎるとも言えますので・・・。

"Mimì è tanto malata..."はト書きで(tristamente)「非常に悲しげに」とあります。厄介なのは"povera piccina è condannata"アラルガンドで、"con"にはフェルマータがついているのに"corta"「短めに」・・・矛盾してますね。"nata"はテヌート記号がついています。

それに被さるように入る、立ち聞きしているミミの"Che vuol dire?"は"molto ritaldando"「非常に遅くして」ですね。ではどうなっているか。ラウリ=ヴォルピは悲しげにしたつもりなのでしょうが、重々しげに聞こえなくもありません。"con"dannataは"con"が手短なフェルマータというよりは、十分すぎるフェルマータになっていて、"nata"はテヌートなのできっちり丁寧に延ばさないといけませんが、聞き取れません。一方のテバルディ。"vuol dire"がくっきり響いていて、(ハイ・トーンの歌手にはこれはできない。1点ハ音ですから。)しかも、ゆっくり歌っているのがはっきりわかります。

次のロドルフォの"Una terribil tosse"からはピアノの指示。ここは二段ロケット(結局変な比喩を使い続けてますが・・・。)"scuote"から一度目のクレッシェンド、"di sangue"から二度目のクレッシェンド。そのすぐ後のミミの"Ahimè, morire"にはト書きで(piangendo)「泣きながら」となっています。ここのラウリ=ヴォルピは見事に二段ロケットになっています。テバルディは泣いてません。が、声に震えを入れています。ライブの彼女は熱血になる傾向があるのですが、役柄によっては過激に歌いすぎることを慎むようになったのかもしれません。それは、とても適切な判断なのです。

ロドルフォの"V' entra e l' aggira"は"poco rallentando"なので少々遅くしていくのです、が、"vento"になると"a tempo"なので元に戻さないといけません。"di tramontana"は"ritardando"でまたゆっくり。ところが"Essa canta e sorride..."は"a tempo"に戻った後、今度は"affrettando e crescendo"急いで、クレッシェンドしていくのです。そして"Me cagion la fatale"あたりは"allargando"でクレッシェンド。今度は遅くするのです!覚えるだけでも大変ですね・・・。ラウリ=ヴォルピさん、テンポはほとんど守れていません。

そこへミミの出番。ト書きしかありません。"O mia vita"は(desolata)「悲嘆に暮れて」"Ahimè, ahimè, è finita"の頭には(angosciata)「苦悩に満ちて」うーん、微妙な違いですね・・・。"O mia vita"にはアクセント記号がついています。最後の"Ahimè, morir, ahimè, morir!"では最初の"morir"あたりからラレンタンドになります。その後は、例の、咳き込みながら泣くところ。それで、他の二人に立ち聞きしていたのを気づかれる、というわけですね。他の二人の方が大きく聞こえても仕方ないことは仕方ない(彼女は隠れているのですから)ですが、男性陣はフォルテ記号もないのに歌いまくりすぎですね。テバルディは涙声にこそなっていませんが、悲しみのトーンはしっかり入っています。"O mia vita"はきっちりアクセントがついているので、強めに聞こえます。"finita"「私の命は終わりなのよ!」を投げ出すように強調しているので、男性陣の合間から彼女の声が響いています。"morir"は全体がテンポを落としているので、特に彼女が気を遣わなくてもラレンタンドになっています。

焦ったロドルフォの言い訳の後で、"No, quel tanfo mi soffoca"は"No"と"tan"にアクセント。ちょっと"No"のほうが聞こえてこないですね。マルチェッロが酒場に戻るくだりは省略して例のアリアに参ります。

"Donde lieta uscì"はじめは指示がありません、というか、このアリア、実はテンポの指示はしつこいほどあるのですが、強弱の指示は全くないのです。最初の入りは聞き取りにくいです・・・。もうちょっといい音で残っていたらと・・・残念です。"al tuo grido d' amore"あたりから声が響いてきますが、・・・何という美声でしょう・・・しかも、彼女特有の、涙の潤いが混じった声なのです。

"torna sola Mi(mì)"は"poco ritaldando"「ミミ」の最初「ミ」までと次の「ミ」では明らかにテンポが違う!ここまで完璧だと恐ろしいくらいです。"a intesser finti"までラレンタンドで、"fior"は"a tempo"。"Addio"が"Lento"なので「遅く」"senza rancor"ではラレンタンドなので、更に遅くしていくのです。"Ascolta a-"まではリタルダンド、もっと遅く!ところが"-scolta, Le poche..."に入ると"a tempo"!いじめですか???うーん、指揮の問題もありますが、"a tempo"という感じではないです。

言及しませんでしたが、指示のない強弱をテバルディは巧みに付けています。"al tuo grido d' amore"で少々盛り上げてからまた静かに落とし、"al solitalio nido, ritorna una altra volta"は徐々に強くして"ritorna"あたりで最強にしています。"a intesser finti fior"は静かに。"Addio, senza rancor"もそのまま。この日はここがはっきり、涙混じりです。"Ascolta, ascolta"の最初は、「どうか、聞いてね」というような、何とも名状しがたいトーンが入っています。"Le poche robe aduna che"は頭が強く、だんだん弱くしています。全然指示がないのに、これだけ起伏がついているので、味わいのある歌に聞こえます。

"Nel mio cassetto stan chiusi"何も指示なし。テバルディは"mio" "chiusi"に強勢を付け、スタッカート("quel cerchietto")とテヌート("d'or")記号のある所には当然、強勢を付けて、決して単調な歌にはしません。"e libro di preghiere"は頭が"poco ritardando"で終わりが"a tempo"...。ここはそれほどテンポの違いがはっきりしていません。"Involgi tutto quanto in un grembiale e"まで"poco ritaldando"。その後は"a tempo"。そうなっていないですね・・・。

この日は"Bada"を結構強めに歌っています。"sotto il guanciale, c' è la cuffietta rosa."は"-ciale, c' è"まで"molto ritardando"なのに、"la cuffietta"は"a tempo"! ここも同じテンポですね・・・。"guanciale"の"-ciale"を強めにしていますが、後は静かに歌っていますね。少々涙混じりにも聞こえます。

"Se vuoi...se vuoi..."の最初の"Se vuoi"は強烈で、二度目はぐっと静かに落とします。「もしよかったら...」本当は取って置いて欲しいので、最初は本音が出て、二度目でためらいが混じる、という感じを出しています。

"se vuoi serbarla a ricordo d’amor..." は"stentato"(ゆっくり・・・引きずるように、でしょうか)で、更に"se vuoi ser-"まではテヌートが付いています。"-barla a ricorda d' amor"までは"poco allargando"また少しゆっくりさせろと。テンポはまあ、ゆっくりなので、却ってきつくなっています。ここは"cor"が2点ロで"d' amor"が2点ハと、割合高い音域なので、遅い分、長く維持しないといけません。それにしても・・・。頭からクレッシェンドしていって、"ricordo d' amor!"の強烈な声!少々勢い余った終わり方ですが。

"Addio"は"a tempo"。ここでは涙混じりです。"addio, senza rancor"は最初がラレンタンドで、"ran-"は例の「手短なフェルマータ」。"-cor"は"a tempo"です。ここは、はっきりテバルディがスコアと真逆のことをするところですが。例の、"senza raaaaaaaaaaaaancoooooooor"。最後は泣き崩れています。(やっぱり熱血。)どうして彼女がこれをやるようになったのかは謎です。でも、「手短なフェルマータ」より、こちらの方が絶対素晴らしいと思います!

というわけで、また、暴動のような拍手・・・。こういう風に歌われてしまったらね・・・。感激しない方がどうかしてますから。


2. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第三幕 "Dunque è proprio finita!"

 

重唱になると、フォントを小さくせざるを得ないことは、以前の私のブログにいらして下さった方はもうご承知かと。仕方ありません・・・。極力PCで全画面表示でご覧頂くしかないのです。

主に、ミミのパートを追っていきますが、特に必要なときは他のパートにも言及します。

"Dunque è proprio finita"の入りはピアノです。しかも"dolcemente"。内容が内容ですから、「極力優しく・甘美に」歌うのは当然でしょう。ミミの"Addio dolce svegliare alla mattina!"は"ritenendo"で始まって"a tempo"で終わります。"dolcissimo"の指示も。テンポは指揮に助けられていますね。しかし・・・ひどい音なのに驚くほどの美声なのははっきりわかります・・・。まさに"dolcissimo"な歌。

"Addio, rabbuffie gelosie!"にはト書きで(sorridendo)とあります。もう、気分を変えて「微笑んで」いないといけないらしいです。そこまではやっていませんね。場違いだという判断でしょうか。とにかく、とにかく、光が差すように明るい、第一幕のテバルディとは別人なのです。

ここも強弱の指示があまりない・・・。"pungenti amarezze..."は最初が強く、最後は消え入るように歌っています。

と思ったら"Soli d' inverno è cosa da morire!"の入りはピアノの指示ですが、同時に"con anima"(心を込めて)。"è cosa da morire"は"poco allargando"なので、少し遅くしないといけません。次の"Soli"は"affrettando un poco"今度は少し急げと!ピアノになっていないし、テンポもこの通りではないですね。

"Mentre a primavera c' è compagno il sol, c' è compagno il sol"は大変。"Men-"は"a tempo"。"-tre a prima-"までは"poco allargando"。"-ve ra c' e"は"affrettando"。"compagno il sol..."以降はラレンタンド。二度目の"c' è compagno il sol"には"espressivo"(表情豊かに)の指示も。ラレンタンドだけは守られています。テバルディのソロの"c' è compagno il sol"はだんだん消え入るようで、絶妙です。(強弱の指示はありません)

"Niuno è solo l' april"は珍しく、フォルテの指示。最後はデクレッシェンドで締めろと。ここはその通りです。

"Esce dai nidi un cinguettio gentile"には何の指示もなし。音が悪い上、全員入ってくるので、聞こえにくいですが、"cinguettio gentile"あたりは響いてきます。弱音は聞こえにくいですね。

"Al fiorir di primavera, c' è compagno il sol"にも、何の指示もありません。"c' è"が2点ヘ音の他は1点音域なので、重唱で響かせるのは難しいところです。ちょっと、聞こえません。声を張り上げるところでもないので、無理に目立とうとするのもどうかと。

"Chiacchieran le fontane. La brezza della sera"も指示なし。ここも聞こえにくいです。"baldami stende sulle doglie umane"は"balsami stende"に"espressivamente"の指示。「表情豊かに」です。ここは悪い音でも彼女の声が響いてきますが、ニュアンスまでは聞き取れません。残念です。

"Vuoi che aspettiam la primavera ancor"では"primavera ancor"あたりからピアニッシモにしろと。全員ここはピアニッシモですが、どうか?落としているひとと、落とせていない人(特にラウリ=ヴォルピ)まちまちです。"aaaaaaaspettiam"みたいになっているのは、"a"にフェルマータがついているからですが、オペラだとこういうときオーバーに延ばすのが普通みたいですね・・・。

ここで、マルチェッロとムゼッタが抜けて、デュエットに変わります。"Sempre tua per la vita" 歌詞だけでもグッと来るものがありますが、ここはピアニッシモの指示。ロドルフォの方も。ここは二人とも実践。その後の"Ci lasceremo alla stagion dei fior"のテバルディはまさに、またしてもビロードの美声。次のロドルフォはピアノになっているので、ラウリ=ヴォルピの声量も上がっています。次のミミの"Vorrei che eterno durasse il verno"は"durasse..."から"poco allargando"なので、少し遅くするのですが、テバルディの歌はここ全体がじっくり、ゆっくり歌われています。もっと音が良ければよかったのに・・・。

次は二人で声を合わせて、この場面の締めくくり。強弱の指示はありません。"un poco allargando"だから、更にゆっくりにしていく、ということだけ。"Ci lascerem alla stagion dei fior!" "laaaaaaa"のように聞こえるのは、ここだけ8分音符3つ使われているからです。その3つで2点ヘ、2点ロ、2点イと音程を変えていきます。2点ロはハイCの半音下であるだけなので結構高いです。テンポが遅くなっているので本来の8分音符よりずっと長く聞こえますね・・・。ここを山に、だんだん消え入っていっています。この録音の不思議なのは、"dei fior"で急に二人の声がガクっと小さくなること。(私は何も調整していません)その場を離れることになっていますので、マイクから少し遠くなったから?ずいぶん感度の悪いマイクだったようですね・・・。

 

さて、次回は第四幕からの抜粋をご紹介します。