読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 『ラ・ボエーム』 スタジオ録音(2)

スタジオ録音 ラ・ボエーム

さて、前回に続いて、1951年スタジオ録音の『ラ・ボエーム』の音源から、主にテバルディの歌っている場面をご紹介します。今回は第三幕、いよいよミミの病状が悪化して、ロドルフォとの別れ話が持ち上がる幕です。

1. プッチーニ 『ラ・ボエーム』 第三幕 "Mimì!"---"Speravo di trovarvi qui."


この幕のテバルディが第一幕と別人だということは前回書きました。そして、彼女の歌があまりにも素晴らしいので、地味ながら名場面になっているということも。

マルチェッロの方には指示が沢山あっても、ミミの方にはしばらくト書きしかない、ということも書きました。

"Speravo di trovarvi qui"から、少々切迫した感じを出して、相談するため、どうしても会いたかった、というヒロインの心情を、テバルディはしっかり表現しています。

マルチェッロのインギッレーリがもう相当な年齢だったことは最初に書いたとおりです。ですから、声に若々しさはありません。"Musetta insegna..."あたりから"poco rallentando"「少し遅く」。"canto ai passagieri"から"a tempo"「元に戻す」。"Io pingo quei guerrieri"は"Risoluto「断固として」。"È freddo. Entrate."は"molto rallentando"「非常に遅くしながら」。最後のフレーズだけが、スコア通りになっていませんが、これはエレーデの問題かと。

ミミのほうはト書きだけ、でした。"C' è Rodolfo?"はライブと同じで静かです。"O buon Marcello, aiuto! aiuto!"は、ライブでもないのに必死にとりすがっていますね。マルチェッロの"Cos'è avvenuto?"はピアノですが、チト声が大きいのでは?

"Rodolfo, Rodolfo m' ama, Rodolfo m' ama e mi fugge, il mio Rodolfo si strugge per gelosia"から指示がでます。最初の"m' ama"あたりから"poco affrettando e crescendo"。"il mio Rodolfo"からはラレンタンド。"strugge"はリタルダンド。"gelosia"は"a tempo"(元に戻る)。

"Rodolfo, Rodolfo m' ama"、今度はスタジオなのでテバルディの美声がくっきり。ライブの時にあまりにも見事で感嘆しきりだったこのくだりは、またしても立派に実践されています。テバルディのミミはセラフィン盤の時にできあがったのではないのです。もうこの段階で完成していたのです。29歳で!クレッシェンドしつつ早めに強烈な"Rodooooooolfo"を歌い上げて、(実はここは2点ロ音。『トスカ』の"Signor!"と同じ音高なのです。)"strugge"でいったんテンポを落とし、"gelosia"は早めに締める。見事すぎて、呆然としてしまいます。拍手するところではないけれど、これは激賞ものです。

"Un passo, un detto..."の頭にはピアノ。スタジオなのに・・・・完全に涙混じりです。初期の彼女はスタジオでも熱血だった?きっと、エンジニアになんだかんだ注文を付けられた結果、だんだん表現を慎むようになってしまったのかもしれませんね。"lo mettono in sospetto"はテヌートで、今回も強調。"Onde corucci ed ire"は"corucci"にひねりを入れるのも、実践。ずっと1点ハ音続き、"rucci"だけフラットでしたね。その通り歌ってしまうとつまらないから音高が変わるタイミングでひねって強調。妙味のある歌にしています。

"Talor la notte..."からは、"me lo sento fiso"の"me lo sento"にテヌート記号がついていて更に"ritenuto"「急に速度を緩めて」。じっくり歌っている上、強烈なのはライブの時と同じです。

"Mi grida ad ogni i(stante)"にテヌート記号。同時に"sostenendo molto"「音を十分すぎるほど保て」。"prendi un altro l'(amante)"にもテヌート。"Ahimè! Ahimè!"は"stentando molto"「非常に遅く」。そして、両方の"mè"にアクセント。ライブでも実践していましたが、これらの指示はしっかり守った上、テヌートのついているとことやアクセントの部分は強調がついている上、フレーズ全体に涙のトーンを混ぜているのが、スタジオ録音だけにはっきり聞き取れます・・・。こんなに上手い上、途方もない美声の歌手は望みようがありません。

"In lui parla il rovello,io so, ma che rispondergli, Marcello?"は"declamato"。「朗唱」ですね。終わり近くはラレンタンド。ライブと同じで、完全に涙にむせんでいて、聞いている方も悲痛な気分になるところです。こういう表現をすると、声が汚くなる歌手が圧倒的に多いのですが、テバルディはこういうときも美声のままなのです!

マルチェッロの"Quando s'e come voi"はピアノ。ちょっと、インギッレーリはピアノになっていないですね。そして、はっきり、年齢の跡が声に出てしまっています。

"Dite ben, dite bene..."から"invano"までのフレーズに指示はなし。マルチェッロの方はピアノ。"Dite ben, dite bene, lasciarci conviene"で声を張り、"Aiutateci, aiutateci voi"を非常にソフトに歌うのもライブのままですが、ここでは"voi"で声量をいったん上げています。"noi s' è provato più"までは1点ホ音、低音続き。「何度もそうしようと(別れようと)したけれど」"ma invano"の"va"でいきなり2点イに上がる。「無駄だったわ」、ですから。プッチーニのスコアも理屈に合っていますが、歌手がそれを理想的に解決しなければ、意味がありません。

次の"Dite ben, dite ben"は"con forza"で最初はラレンタンド、次はアラルガンド。強力にそして遅くしていく。最初の"Diiite beeeeeeeen"は"ben"でまた2点ロ音が要求されています。(こんな地味なシーンがこんなにキツいなんて、知っていましたか?)"lasciarci convien"は"a tempo"「元の早さに」。全くその通りであるだけでなく、まさにリリコ・スピントのお手本のような歌いぶりです。「病状が悪化しているのにこんな大声出すのか」って?また妙な「リアリズム」のお話しを持ち出されませんよう。大事なのは「リアル」より、「ヒロインの心情を伝えること」ですよね。

"Fate voi il per il meglio"はピアノ。声が震えるような歌手ではないテバルディが、声を震わせています。悲しくて、また泣き出すのを何とかこらえながら必死に頼んでいるからですね。"Dorme?"は指示なし。今回はかなりゆっくり歌わされていますね。怖がっているような、ためらっているような、何とも言えないトーンはライブの時と同じです。

その後のやりとりでは、ライブでは聞き取れなかった、咳き込む声が入っています。わざとらしいと思われがちなテバルディの「効果音」ですが、この頃はむしろ、非常に上手かったと思うのです。したくもないのに咳をするのは声にどんな影響を与えるのか?そこまでは私にはわかりません。とにかく、ここの咳き込み方は全く自然に聞こえます。しないわけにはいかないのです。次のマルチェッロの歌詞が"Che tosse!"ですから。それに、その後、前夜いかに苦しかったか彼女が話して聞かせるからです。

"Da ieri..."はピアノ。"ieri ho l' ossa"はテヌート。"Fuggi da me stanotte di"までは"poco affrettando"(少し早めて)で、次は"cendomi È finita!"にラレンタンド。"Da ieri..."のフレーズの"rotte"を強く歌うのは、どうやら意図的にそうしていたようですね。ライブの時もそうでしたから。"avere le ossa rotte"で「疲労困憊する」という言い回しなのですが、文字通り直訳すると「骨までぼろぼろに壊された」という感じですから、とにかく「壊れちゃったのよ」と訴えたかった?テンポの指示はまたしてもスコアそのままです。今度の"È finita!"は涙混じりです。悲しすぎる・・・。

"A giorno sono uscita..."は"Lento a piacere"「遅く」そして「ご随意に」。"Ch' ei non mi veda!"はピアノで"rapidamente"「非常に素早く」。

ここも単調な機関銃ではなくて歌になっていることはライブの時書きました。何せ、"Ave Maria"の入りを誰よりも見事に歌い出せる人でしたから。「ジョールノ」「ウッシーーータ」「ヴェーンニ」「クゥエーースタ」と起伏を付けてつまらなくなるのを避けています。"Ch' ei non mi veda"はいつもこうだったようですね。ピアニッシモではないですし、これだけしかない単語を変にまくし立てなくても良いかと。

スタジオでも、気持ちの十分入った、立派な歌でした。


やはり長くなってしまいました・・・他の2動画は次回に回します。