読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 『蝶々夫人』 スタジオ録音(4)

スタジオ録音 蝶々夫人

1951年の『蝶々夫人』のスタジオ録音から、第二幕の第二部の抜粋動画をご紹介します。

1. プッチーニ 『蝶々夫人』 第二幕 第二場 "Suzuki! Suzuki! Dove sei?"


この前のシーンもかなり長いのですが、容赦なくカットしました。

"Suzuki, Suzuki"は最初から2点ト音で、女中を探しているのですから、鋭い調子です。実は、このシーンはほとんど指示らしい指示がないのです。

ケイトを発見したからといって、フォルテにしろとも、ピアノにしろとも、何も書かれていません。そこをテバルディは、"Quella donna? Che vuol da me?"を少々声を震わせ気味に歌い、"Niuno palra"はピアノに落としています。

スズキが泣き出す(声は入っていません)ので驚きますが、"No, non ditemi nulla, nulla"と制止する蝶々夫人。ここは1点ニ♯まで下がります。下がる音高と合わせるように、テバルディは声に暗いトーンを入れています。

"forse potrei cader morta sull' attimo"はほとんど1点ホフラットのあたりを上下、4分音譜の連続です。音高は付けていますが、テバルディは半ば朗唱風にしています。

"Tu Suzuki..."からは"che sei tanto buona"の"sei"で2点へまで上がりますが、"e mi vuoi tanto bene, un Sì, un No, di' piano"までは低音の出ないソプラノには大変。"bene"からずっと1点ハ続きで、"piano"に至っては点のつかないロのフラットまで下がるのです。テバルディは内容からして、特に声を強めていませんが、ちゃんと低音が出ている上、声を恐ろしげに震わせています。

"Ma non viene più. Te l' han detto"の"Te l'han detto"も低音です。1点ホ♭と1点ニ♭。こちらは強めに歌っています。スズキから答えを引き出したいからですね。ちゃんと声が響いているのはお聞きの通りです。しかも、暗いトーンがついています。

答えないスズキにいらだって、"Vespa! Voglio che tu risponda"とくるところに、強弱記号はありません。テバルディの判断で全体がフォルテにされているのと、"Ve-"が急に2点ホ♯に上がるので目立って聞こえるのです。"Voglio che..."からは32分音譜と8分音譜の機関銃。ここはテバルディは機関銃のままにしています。"Voglio tu che ri-"まで連符でくくられている上、ここで妙に特定の語にアクセントをいれるのは相応しくないという判断でしょう。一気にまくし立てた方がいらだちが伝わります。何という的確な判断をする人だったことか。

やっとスズキの答えを引き出せて、"Ma è giunto ieri?"。ここは1点ニ♯。前の幕がやたら高音を要求していたと思ったら、こちらは低音責めです。両方しっかり出る歌手だけが、この役を満足に歌えるのです。ここも、テバルディは極力無感動に歌っています。ショックで感覚が麻痺しているのと、(con fredezza)というト書きに合わせて、という考えでしょう。

感情のあらわになる次のフレーズと比べると、普段のテバルディの歌がいかにいろいろな感情に溢れているかわかります。さっきまで無感動でしたが、"Ah, Quella donna mi fa tanta paura, tanta paura!ここは最初の"paura"と次の"tanta"が強くなるようにクレッシェンドやデクレッシェンドの指示が書かれています。テバルディの歌は、本当に「この人が怖いわ」という調子ですね。

"Ah! è sua moglie!"はフォルテです。真相が理解できて改めてショックを受ける、ということですね。次の"Tutto è morto per me, tutto è finito, ah!"はピアノです。言葉通りです・・・。ずっと1点ニ音のまま。ここも低音責めです・・・。(con voce calma)というト書きはありますが、テバルディの歌は「冷静」ではありません。絶望に満ちています。"Ah"は意図的に音高を少し上げています。

"Voglion prendermi tutto!"は最初の"Voglion"がずっと1点ハ♯のまま。"il figlio mio"には(disperata)というト書き。ここで「絶望しろ」というのですね。それまでは無感動に歌えと???それはないと思います。「正妻は別にいるので私にとって全ては終わり」「皆が全部取り上げる」「私の息子も」全部、重い内容です。

"Ah! Triste madre! triste madre!"にも(disperata)のト書き。"Abbandonar mio figlio" "mio figlio"はずっと1点ト音です。ここのテバルディは完全に涙にむせんでいます。こういうことをやると綺麗に歌えない歌手が多いのに、彼女は泣き声まで美声ですから・・・。

"E sia! A lui devo obbedir!"には (calma)「冷静に」のト書き。さっきまで泣き崩れていたテバルディですが、ここはト書き通りです。ケイトに話しかけられて答える蝶々夫人"Sotto il gran ponte del cielo, non v' è donna di voi più felice"には指示はありません。"Siatelo sempre, non v'attristate per me."ここには"con passione"「情熱をこめ」とあります。テバルディは声を震わせ、涙混じりのまま、歌い続け、"Siatelo sempre"を強めて、最後は消え入らせます。

"A lui potrò dare..."からは(dice con solennità e spiccando le parole)「威厳をもって、スピッカートで(あるいは言葉を際立たせて)」とあります。その通り、テバルディの声は重々しいですし、言葉はくっきりしています。最後消え入らせるのは、余りに堂々としているのはこの場に相応しくない、という考えからでしょうか。"Fra mezz' ora salite la collina"は(con intenzione, ma con grande semplicità)というト書き。もう自害の決意をしていて、その時間だけ待たせておきたい、という意図(intenzione)があるのですね。でも、ごく簡潔に言う。(con grande semplicità)まさに、テバルディは特に起伏や強勢を付けずにこのフレーズを歌います。自害するからといって騒がないのが昔の日本人ですから・・・。そこまで知っていたとしたら凄いです。

ですが、一行が立ち去ってしまうと、ト書きの通り、彼女は泣き崩れます。やっぱり、日本人じゃない・・・。自害を決意した日本人なら、蒼白になって無感動になるでしょうね。"Troppa luce è di fuor..."からは特に指示はありません。昨夜狂喜した自分が哀れで、悲しみと苛立ちにさいなまれているのがテバルディの蝶々夫人です。"lascialo giocar, lascialo giocar..."は怖いくらい力を込め、更に"Va, va te lo comando!"は更に強力です。有無を言わせない、という感じですね。その後の泣き声はランキンのでしょう。蝶々夫人の意図がわかったスズキの号泣・・・。ここで一旦切りました。

2. プッチーニ 『蝶々夫人』 第二幕 第二場 "Con onor muore"

 "Con onor muore..."はずっと1点へ♯です。ステレオの時は、テバルディは自由に朗唱しています。ここでは音高を守っています。

次は"Tu, tu, tu, tu, tu, tu, tu?"ですが、真ん中の3つにだけ、アクセントがついています。"piccolo iddio..."からは、(con grande sentimento, affannosamente agitata)とあります。「大いに情感を込め、ひどく不安げに興奮して」ですが、自害前にこれは困りますね・・・。子供を手放す母親としては自然だとはいえ。やはり、昔の日本人にとっては、今の日本人には理解しづらいほど、「名誉」の方が「命」より重かったのですね。当然、外国人によって作られた蝶々夫人というキャラクターは、取り乱すというわけです。本当の昔の日本人なら、蒼白のまま、子供をさっさと追い出すでしょう。

"muor Butterfly"で2点イを張るところなど、(con voce di pianto)というト書きが。涙声にしろと。全然日本人じゃない・・・。"maturi il materno abbandono"はアラルガンドですから、遅めになります。

"O a me, sceso dal trono..."には(con esaltazione)と。「興奮状態で」です。自害はむしろ、逆なんですってば・・・。"guarda ben fiso"の上にはクレシェンド。その後はアクセントなどの指示しかなく、最後の"Va, gioca, gioca"に(con voce fioca)「かすれた声で」とあります。

ここまではスコアのト書きを書いてきましたが、ここに関してはテバルディはほとんどト書き通りにしていません。とにかく、圧倒的な迫力で強烈に思いのたけを存分に歌っています。わずかに、最後の"Addio piccolo amor"で涙声にし、"Va, gioca, gioca"の最後でやっと声を弱めてト書きに配慮しているくらいです。これだけ熱唱されると、細かい指示なんて・・・どうでもいいです、と言いたくなります。どうせ、元が全然自害前の日本人の態度とは違う風に書かれているのですから。


これも、後年のステレオ録音のせいで埋もれがちな録音ですが、テバルディの完成度は十分高いので、こちらを聞かないのは本当に勿体ない。是非、お聞き下さいますよう。

次回からはこれもスタジオ録音の『トスカ』ですが、その前に一項設けます。