読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 『トスカ』 スタジオ録音(2)

1951年の『トスカ』のスタジオ録音から、テバルディの登場シーンを中心にご紹介します。今回は第二幕、このオペラでも最も激烈なシーンが目白押しの、恐るべき幕だけに、聞き所が沢山ありますね。


スカルピアがスポレッタの捜索の結果を聞き出す場面から入れました。

その後、逮捕されたカヴァラドッシへの尋問が始まるのですが、背後にはトスカが出演しているカンタータが聞こえる、というからくりです。ここで、いつもテバルディの立派な声が入ってくるのに感心するのですが、このソロ、意外と大変なのがスコアを確認してわかりました。

丁度、スカルピアに、「アンジェロッティに食料と衣服を与えただろう」と尋問され、カヴァラドッシが"Menzogna!"「嘘だ!」というところで、トスカの方はハイCを張らなければなりません。("a te!")この役は、目立たないところでも大変なことを要求される役なのです。ただ、その直前に書かれている早いパッセージは楽譜通り歌っていないようですが・・・。

業を煮やしたスカルピアが"Or basta! Rispondete!"とイラつきながら叩きつけた後も、後ろでトスカは2点ロ音を歌います。(ここも歌詞は"A te!"で、指示はフォルティッシモです。)その後、比較的すぐに、ドアが閉じられ、演奏が聞こえなくなる、という仕掛けですが、今回、スコアを確認してこのカンタータの大変さを改めて実感しました。なので、わざわざ訳を入れたのです。読みにくくて申し訳ないですが・・・。カンタータの内容自体は、特別素晴らしくもなんともありません。

その後、事前に呼ばれていたトスカ当人が現れます。ここで室内に入ってくるとき、力のある歌手とそうでない歌手の差が歴然としてしまうのです。テバルディくらいの声がないと、十分"Mario, tu qui?"が響いてこないのです。これはライブを聞き比べないとわからないのですが・・・。

スカルピアはくどいほど、「本当にカヴァラドッシだけだったのですね?」と尋ね続けるので、徐々に気の短いトスカはキレ気味になっていくように指示が出ています。"Nulla sfugge ai gelosi, solo, solo."には(con insistenza, sttizzosa)「強情に、癇癪を起こし」とあります。ここでは余りテバルディはキレないのが普通でした。

その後で強烈なまでにキレるからです。"Davver?"と言われて"Solo sì!"と叩きつけるのですね。いつもここは驚くような声を張ってくれます。ただし、この録音の問題点がここでもう一つ明らかになります。テバルディの巨声を持てあましたエンジニア達が、明らかにここで彼女にマイクから離れて立つよう指示したのです。明らかに、離れて聞こえるのです。ただ・・・これだけの声をまともに収録しようとすると、音がひずんだかもしれませんね・・・。

"Oh, è inutil"には(ridendo)「嗤いながら」のト書きがありますが、これもいつも、彼女はやりません。細かく詰めるところはきめの細かい表現をするのですが、この陰惨なドラマでは見当違いに明るい声は出さないようにするのがテバルディで、それが自然なのです。"Dunque per compiacervi..."のところも(lentamente, con sorriso ironico)「ゆっくりと、皮肉な微笑みと共に」とありますが、彼女の声は平静なだけで、特に嗤っているようなトーンは入っていません。

スカルピアが、「本当のことを言った方が苦痛を避けられるのに」と言い出すと、"Un' ora penosa? Che vuol dir?..."にある(sorpresa)「驚いて」の指示は守ります。声のトーンが変わって、深刻そうになる上、恐怖感が入り始めるのです。フォルテの指示はなくても、声量も上げます。これが、この場面のスリルを盛り上げる効果を高めているのです。

"Oh, Dio, che avvien, che avvien, che avvien!"は歌詞自体がたたみかけるようなのでスリリングですが、そこでも精一杯恐怖感を入れて歌うのです。ただ、ここはさすがのテバルディでも低音部が余り響いていません。最後の"(av-)vien!"だけが2点イ音で、他は全部1点イ音だからですし、その時バックのオケはいろいろな楽器が入ってもの凄く鳴るからです。ただ、他の収録ではどうなっていたか、その都度確認しないと、何とも言えません。

スカルピアに恐ろしい拷問が行われているのを知らされると"Non è ver!"と声を目一杯張りますが、ここでもマイクから離れさせられすぎているのが明らかにわかってしまいます・・・。ここは、実はスコアでは2度同じ歌詞を歌うことになっているのですが、2度歌われているのを聞いた記憶は無いですね・・・。「嘘よ!」を2度も言うのはくどいのでは?いつも歌われるのは2度目のほうで、こちらは何と、"ver!"がハイCなのです!これが出せていないのを聞いたことはないような。付点2分音符+4分音符なので、短いとは言えません。

一転して、"Sogghigno di demone!"は1点ホ♭→1点ニに下がります。何というキツい役でしょう!これにまた、テバルディはこの上なく暗いトーンを付けるのが常でしたが、ここでは慌ててマイクに近づいて声を入れさせられたらしく、却って凄い声が入ってしまっています。完全にエンジニアサイドが失敗している録音なのです・・・。

カヴァラドッシの絶叫が聞こえてきて、"Un gemito! pietà! pietà!"となるところは、入りは(quasi parlato)なので、半ば台詞調で歌って、"pietà!"にはどちらにも、デクレッシェンドがついていますから、"pie-"の方を大きめにするのですね。ただ、これは矛盾していて、"pie"の方が音高が低く、"-tà!"が上がるので、どうしても同じくらいに聞こえます。

"Ebben...ma cessate, cessate!"には何も指示はなし。テバルディは強めに歌って、「とにかく、やめて頂戴!」と訴えます。これだけ「圧力」まで感じる声で歌われると、聞いている方もついひるみそうなくらいです。

「さて、では話しますね?」と言われても、トスカは答えるわけにはいきません。"Ch' io lo veda!"には初めて、声にうろたえたトーンが入ります。彼女としては、カヴァラドッシと会って、彼の状態を確認したいし、彼の意向も聞きたいのですね。でも、それは当然、受け入れてもらえません。

カヴァラドッシに呼びかける所の彼女の声のトーンが全く変わっているのには本当に感嘆します。"Mario!" "Ti straziano ancora?"優しく、悲しげなトーンです。心配で胸が張り裂けそうなのですね。こういう所を聞き取っていない方々が、テバルディのトスカを迫力一本のように蔑んで評価するのです。私の知る限りでは、同じ舞台で歌っていた、ティート・ゴッビ。彼はテバルディのトスカを、「黄金の声を持っていて、人を見下したようなトスカ」などと言ったそうです。何もわかっていない人の[結局、そういうことを言ったことで、同僚の歌をちゃんと聞いて評価できる能力が無かったことを暴露してしまったことになるからです]、典型的な批判です。(一時定期的に買っていた某音楽雑誌で読みました。何年の何月号だったかは覚えていません。この話もどこまで本当なのか???ただ、彼は持ち声が大きくもなく、悪声の部類に入る人だったので、テバルディに親近感はなかったでしょう。どちらかというと、彼は「もう一人の方」の「親友」でしたしね。テバルディはいろいろな男性の共演歌手と親しげに写真に収まっていますが、[ステファノとも、何枚もツー・ショット写真がありますから]彼とのプライベートでのツー・ショットはありません。この辺にも、ゴッビのテバルディ嫌いが露骨に現われているな・・・と。ゴッビは、こういう所のテバルディの歌も当然聞いていたはずですから、その話が実話だとしたら、ずいぶん人として狭量で嫌な男だと[誰かさんの片棒を担ぐためにテバルディをけなしたのなら、女の腐ったような男だな、と。]思います。私は、彼は表現者としては上手いとは思いますが、声質は、はっきり言って、嫌いです。)

2. プッチーニ 『トスカ』 "Orsù, Tosca, parlate."


カヴァラドッシに黙っていろと言われたトスカは内心の葛藤をこらえにこらえて黙秘を続けるのですね。ですが、彼女が答えないと決心したと勘ぐったスカルピアがまた拷問を始めろというので、"No! fermate!"と強烈に歌います。(指示は何もありません。)だから話せるかというと、そうもいかない。それで、次の歌詞へ。"No, mostro. Lo strazi, no mostro lo strazi e l' uccidi, ah! l' uccidi!"この辺は常に強烈でした。第一幕では紳士風な態度を装ったスカルピアしか知らなかった彼女も、カヴァラドッシからも聞いたでしょうし、何よりもこの尋問のやり方で、この男がとんでもないサディストの、文字通り「怪物」だとはっきり悟るのですね。この辺の歌い方はもうこれで完成形になっています。余り変えていなかったように思いますので。

ライブだと、テバルディには例の「熱血」が入るので、スカルピアがわざと「ドアを開けてうめき声を聞かせろ」というと、彼女のほうが"Ah!"とか苦しげにうめく声が入っていたりするのですが、スタジオではそういうことはしてくれないのがテバルディでした・・・。

スカルピアが"Più forte, più forte!"を連発するあたりから、オケも盛り上がり、ドラマが一層おどろおどろしくなっていくのですが、ここで強烈な声が張れないトスカはそもそも、失格だと思うのです。少々ヒステリックなくらいに声を張ってくれた方が、ドラマ全体の迫力も増すからです。テバルディはトスカの心が折れかかって、"ah, non posso più!"にたどり着くまで、とにかく声を張り続けます・・・。間にはまたハイCが。"Ah! cessate martir!"の"Ah!"です。高音苦手どころか、彼女は要所要所でハイCを歌いまくる歌手生活を送っていたのです。これ程キツい役が、彼女が一番多くステージで歌ったレパートリーなのですから・・・。

その"ah, non posso più!"でテバルディは張り詰めた声から、声の張りを巧みに抜いて、弱めます。(指示はありません。)恋人は頑固に沈黙していても、その彼が酷い苦痛にあうのは耐えられないから・・・。"Mario, consente ch' io parli?"こんなことを言ってしまったら知っているのがバレバレなのですが、そんなことに配慮する余裕は彼女にはない。このときは少々感情移入が不足気味ですね。もっと、"consente"や"parli"に強勢を置いて、かき口説くように懇願している公演もあったように思います。"Ascolta, non posso più..."もここでは綺麗に歌いすぎです。もっと、悲痛に歌える人ですから。

"Che v' ho fatto in vita mia?"ではもう、緊張に耐えかねて力が抜けてしまった、という風情です。(指示はありません。)"Son io che così torturate!"では"così"に強勢を入れていて、"torturate"はもう少しで泣きそうだ、というトーンです。"Torturate l' anima, sì, l' anima, mi torturate..."にはやっとト書きが。(scoppia in singhiozzi strazianti, mormorando)「苦しげなすすり泣きを爆発させ、つぶやきながら」と。テバルディはここで泣いたことはありません。ここでは少々冷静すぎますが、もっと暗いトーンがこもっていることが多かったような。勿論、打ちのめされた様子で抑えて歌うのですが、つぶやきにはしませんし。

その後、カヴァラドッシの絶叫が聞こえ、ついに"Nel pozzo...nel giardino..."と白状。ここはさっきまでのまるでうなだれているような調子とはまるで違って、「とにかくもう、さっさと白状して、一刻も早く恋人を解放したい」と言わんばかりの、急き込んだような調子です。"Sì"はここでは少々迫力不足で、ライブだとまるでうめいているようなトーンが入る時も。実は(soffocato)「窒息したように」というト書きがあるのですが、とにかく、声をできるだけ出すのがテバルディ流なので、死ぬシーンでもないのに息を詰めるようには歌っていなかったように思います。

"Assassino! Voglio vederlo."は言葉通りで、最初は強烈に、憎しみを込めて、次は「是非とも会わせてもらうわ」と言い渡しているように強い調子です。(指示はなし。)白状してやったのだから、当然の要求なのですね。テバルディのトスカはやたらとめそめそしないのです。そういうことばかりしていると、こうして、強く出なければならないときにヒロインの性格に矛盾が出てしまうからでしょう。本当に、的確な判断です。

カヴァラドッシが引き出されてきたときに恋人に呼びかけるテバルディの声のトーンは、今までとまるで違います。それが、いつもの彼女でした。"Amore..."ここでは少々涙混じりで、声を震わせていますが、ライブだとそこまで細かく聞き取るのは難しいことも多いです。ただ、言えるのは、非常に甘いトーンに変貌する、ということです。"Quanto hai penato, anima mia"ここでは甘さがライブより不足気味ですが、"hai penato"の高音域を("na"が2点イ音)ピアニッシモに落として、トスカの心からの同情、思いやり、心痛、などを混ぜるのです。"anima mia"ではもう少ししっかりとした音量で、たっぷり、甘口に歌うことが多かったという印象があります。それ以上に凄いのは、次のフレーズでまた微妙にトーンが変わること。"Ma il giusto Iddio lo punirà!"今度は愛する人のことを語るのではなく、「怪物」には相応の罰が下るでしょう、と言っているのですから、急に声のトーンが暗くなるのです。ただ偉そうなトスカなら、こういう細かいことはできなかったと思いますけど?(スコアには指示はありません。)

カヴァラドッシに「しゃべったのか?」と聞かれたとき、どう反応して良いかは微妙ですが、テバルディは極力甘口のトーンを続けて、しっかり否定するほうでした。言ってしまったものはどうしようもないし、とにかく恋人だけは救えたと信じているので、ここで動揺する必要はない、という判断でしょう。その考えは甘かったのだということが直後にわかるのですが・・・。

しゃべったことをばらされて、恋人になじられたとき"Mario!"を連発するときはとにかく強烈なのが常でした。(ライブはもっと過激です。)「そんな風に言わないで!」という必死の訴えを込めているのですから。

ナポレオンがエルバ島から脱出して復活してしまったという、専制側には悪い知らせが届くと、カヴァラドッシは今まで弱り切っていたのが噓のように元気になって、(これも微妙ですよね・・・)スカルピア側をののしりまくるのですが、それは自殺行為だとわかっているトスカは必死で恋人に自制を求めるのですね。聞いてはもらえませんけど。ここは3人がいろいろなタイミングで違ったことを歌うので、それぞれの表現を聞き取るのは、特にライブでは難しいのですが、テバルディはできる限り声を張って、「何とかこの人を止めたい」という必死の思いを歌い出すのが常でした。

結局カヴァラドッシは連行され、トスカは引き離されてしまいます。そこで、"Aaaaaaaaah!"これがまた、ハイCなのですよ。高音苦手だったら、この役自体、歌えないのです。テバルディはこの程度の長さなら(4分音符+8分音符)十分、しかるべく歌っていました。高音苦手、というのは、『ラ・ボエーム』の一幕の最後のように、バックステージから延々と歌うのがちょっと・・・彼女にとってはキツかった、というだけのことなのです。全然出せなかった、と言い切る輩は、確実に、『トスカ』のスコアについて無知な人たちです。

"Mario! Mario! con te, con te!"ももっと強烈なときもあります。ここでは最初の"con te"が少々消えかかっていますね。

もう自分が何とかするしかない、と自覚して、仕方なく、「怪物」に懇願する、という無駄な努力をするのですが、"Salvatelo!"には(come un gemito)「うめき声のように」というト書きが。テバルディがうめいていたのは聞いたことがないような・・・。とにかく怪物だろうが何だろうが、必死で頼んでしまうのがテバルディだった、と思います。"Io? Voi."と、すげなく受け流されますが。勿論、そのスカルピアの言葉には、含みがあるのですね。


ここで切るのも何ですが、長くなりすぎるので、残りの正念場は次回に回します。