読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 『トスカ』 スタジオ録音(3)

1951年にスタジオ録音された『トスカ』から、テバルディの登場場面を主にご紹介しています。

1. プッチーニ 『トスカ』 第二幕 "Quanto?"


さて、恋人と引き離され、彼の命が危ないということになったので、トスカは値段の交渉に入ろうとするのですね。ところが、「怪物」の方の狙いはトスカ自身だったことがわかるということです。

ここでの入りの"Quanto?"は少々強いかと。もう少し、嫌みたっぷりなトーンを入れるのがテバルディ流でした。相手にとぼけられて、"Il prezzo!"と返すときはほとんど怒っているように、叩きつけるのも。「この男は何をとぼけているのよ!」とキレかかるのですね。彼女のヒロイン形成のラインからすると、それが的確だったと思います。ここではそれほど強烈ではないです。ここのト書きは実は、(quasi parlato)「語るように」なのですが、"prezzo"の方にアクセント記号もついていますから・・・。

ト書きとスコアの指示の微妙な食い違いって、どうなのかな、と。ト書きは多分、台本作者が書くのであって、スコアの指示は作曲家が書くので、二つ合わせてみると、?ということもあり得なくはないのです。どちらを尊重するかは歌手や指導者の判断次第でしょう。

スカルピアがその後長広舌を振るって、その中で本心をあらわにしますから、トスカは身震いするのですね。"Ah!" "Ah!" "Ah!"の3連続はだんだん音高が上がります。聞いていてもわかりますが。最初は、2点イ♭、次は2点ロ♭、最後は2点ロナチュラルです。その後の"Piuttosto giù m' avvento!"は全部にアクセントがついているのですが、最初の"Piuttosto giu m'av-"までは1点音域と2点音域のすれすれで、16分音符ですし、(かなり早口で歌わないといけない)オケもかなり鳴りますので、さすがに滑舌の良いテバルディでも、ここをくっきり聞かせるのは難しかったようです。

"Ah! miserabile..."の方はしっかり響いています。しかも、やはり、滑舌がいい・・・。ここまでは強烈で、トスカの拒絶反応の激しさを伝えきっています。

"Va pure"といわれた後、"Ah!"と「助かった、」といわんばかりの「効果音」を入れるのもテバルディ流でしたが、スタジオでここまではっきり声が入っているのはこれが初期の録音だからでしょう。テバルディが落ち着き払ってしまってからは、こういうことはやらなかったように思います。ですが、実はト書きにあるのです、(Tosca con un grido di gioia fa per escire)「トスカは喜びの叫びと共に部屋を出ようとする)と。それを彼女は少々派手に実践しただけです。

"Come tu m' odii!"と憎々しげにスカルピアが歌った直後の"Ah! Dio!"にもト書きが。(con tutto l'odio e il disprezzo)「憎しみと軽蔑の極限を込めて」です。そう歌っていないテバルディの方を見つける方が難しいくらい、ここには暗い憎悪のトーンが入るのが常でした。ここでは少々若すぎたのか、暗さが後年ほどではありません。

"Non toccarmi, demonio, t' odio, t' odio, t' odio, abbietto, vile!"はテバルディの明瞭なイタリア語が生きています。"t' odio"がくっきり発音できているので、(他もそうですけど)まるで、突き刺さるように聞こえるのです。そこが、この歌詞には相応しく、言葉で虫ずの走る男を追い払おうとしているようにすら感じます。仮に、ここがフガフガしている歌手がいたとしたら、こういう効果は絶対に出ません。

スカルピアが"Mia!"といいながら襲いかかってくると"Aiuto!"を3連発するのですが、このときはスタジオなのに、3発目がかなり強烈です。ここが強烈でない歌手も私には理解できない。第一、フォルティッシモの指示がありますが、それ以上に、強○されそうなのに、恐怖の余り絶叫するなら、声を限りに絶叫するのが普通の女の反応ですから。または、全く声が出なくなる。トスカは絶叫するタイプの女だから、テバルディは過激なくらいに歌っているのです。

その後、スカルピアにいい加減観念しろとばかりに脅されて、結果として例の有名アリアを歌うのですが、プッチーニって・・・少々場違いなところで甘ったるい音楽を入れる人だったような・・・。ここだけ切り出すのが鑑賞する方々への配慮のある動画作成法だったかもしれませんが、アリア集で単独で歌っているので、今後もここだけ切り出すということはしません。

このときの"Vissi d' arte"はやはり、彼女としてはベストの出来映えとは言えないかなと。録音のせいなのか、収録日の関係なのか、ここの彼女の声は少々痰が絡んでいるように響いて聞こえるのです。ただ、"Nell' ora del dolore, perché, perché, Signore, perché me ne rimuneri così?"の切々とした調子や、"Perché, perché, Signooooooooooor!"の絶唱、その後の"Ah!...Ah!"がピアニッシモに落ちていって、延々と続く(入りで少々息を使いすぎたのか、歌い終わりでかなりはっきりブレスを入れていますが。それに、12秒ちょっとは彼女としては長い方とは言えないのですが)所などは・・・やはり、素晴らしいなと。

このアリアが余りにも目立つので、次のフレーズに注意を払うのはおろそかになりがちですが、(ここで珍しく収録されている"Mi supplice..."の所ではありません。"Vedi..."からです。)"Vedi, le man giunto io stendo a te."を、このときテバルディはかすかに涙声で、相手が「怪物」だろうが、情けに訴えるしかない、という必死の思いでかき口説いているという調子を出しています・・・。この辺には指示はありません。

指示が出てくるのは"e mercè d'un tuo detto, vinta aspetto."です。"e mercè"には(con accento disperato)「絶望的な調子で」というト書きがついています。なので、テバルディはほとんどヤケになっているかのように、強烈に声を張っています。「"慈悲"なんて無い男でしょうけど、他にしょうがないもの」という所でしょうか。"d' un tuo detto, vinta aspetto."には(avvillita)「落胆して」のト書きと、最後にデクレッシェンド。ここではちょっと落胆の仕方が足りませんが、デクレッシェンドはしています。

"Cedo"とか言いつつ、この男、どこが譲歩してるの???と言いたくなるスカルピアの言いぐさに、また激しく反応するテバルディのトスカ。"Va, va, mi fai ribrezzo! Va! va!"言葉通りだと思うのに、わざわざト書きがついていて、(con senso di gran disprezzo)「大いなる軽蔑の感情を込めて」となっています。そうは書いてあってもフォルティッシモではないので、テバルディの強烈な声には軽蔑以上の、声で追い払ってやるとでも言わんばかりの拒否反応が聞き取れるのです。直前の自分の態度についての腹立たしささえ。「なぜ、卑屈なことをしたのかしら?馬鹿だったわ!」というような。

アンジェロッティが自殺したという痛ましい知らせの後に、わざと「怪物」はカヴァラドッシを引き合いに出しますが、このやりとりを聞いていたテバルディのトスカの"Dio m' assisti!"は少々感情移入不足かな、と。もう少し、「何とかしてくださいませ!」という調子を出さないと。

スカルピアのいやらしげな"Ebbene?"にトスカは不承不承うなずくのですが、テバルディは、ライブだと「熱血」が入って、「ウウッ」というような抑えた泣き声を入れたりすることがありました。ここではやっていません。スタジオだと、どうしても大人しめになるのが彼女の傾向だったので。"Ma libero all' istante lo voglio"は言葉通り、「言うとおりにするんだから、彼はすぐ釈放してよ!」ときっぱり言い渡すのです。ここをもぞもぞ歌ったら意味がありませんよね。自分が犠牲になっても恋人の命を救いたい、それが彼女の願いなのですから。「何としても聞いてもらうわ!」と強く出ないと。

スカルピアとスポレッタのやりとりに特別の含みがあることなど知るよしもないトスカは、恋人は空砲で撃たれるのであって、見せかけの処刑が行われるに過ぎない、と理解します。(当然ですが・・・まさか、「パルミエーリ伯爵」なる人の場合も女性は犠牲になり、伯爵は実弾で撃たれたとは知るよしもないので)それで、テバルディは"Voglio avvertirlo io stessa!"もきっぱりとした調子で歌います。何としてもカヴァラドッシの無事を自分の目で確認したいから、という趣旨ですね。別に、歌い方について指示はないところです。

結果がわかってのことですが、トスカがパスポートを要求したのは賢明でした。その間に彼女は身を守る手段を発見するのですから。"Partir dunque volete?"のあとの"Sì, per sempre!"もテバルディは特にアクセントも無いのに、きっぱりと歌うのが常でした。「もうこんな国は沢山よ!」といったところでしょう。その気持ち、わかります・・・。ただ、スカルピアとしては、一度トスカをものにしてしまったら、追っ払った方が都合が良いので、機嫌良く応じただけなのでしょう。

しばらくプッチーニの音楽が情景描写する間に(彼もワーグナーの影響を受けていましたから、ライトモティーフを使っていました・・・と、思います。)トスカは食卓にナイフを発見、スカルピアが迫ってきたときそれを心臓のあたりに(実は医者でもない人が外から相手の心臓がどこか知るのは難しいのですが・・・)突き刺して、お陀仏させるのですね。

ここでもそうですが、テバルディはオケがかなり鳴っているので聞こえにくいし、早口で言うので響きにくい決めぜりふをかなり通りよく聞かせています。"Questo è il bacio di Tosca!"

その後の歌いぶりが一番堂に入っているのはやはり1956年のメトでのライブですが、この録音も、スタジオの彼女にしては過激な方です。"Ti soffoca il sangue?" "M' hai assai torturata!"あたりまでは、スピントを効かせて張り詰めた声で叩きつけます。そして、"Odi tu ancora? Parla! Guardami! Son Tosca, o Scarpia!"はわざと"o"や"a"などの母音を明るめに響かせて、嘲弄的なトーンを入れています。(ここでは未完成ではありますが)そして、また"Ti soffoca il sangue?"は峻厳なトーンに戻る。決定的に違うのは次の"Muori, dannnato! Muori! Muori! Muori!"これは、ライブの方が過激です。これもスタジオにしてはずいぶん激しい方ですが。"È morto!" "Or gli perdono."では言葉通り、今まで張り詰めていた声から噓のように力が抜けます(というか、抜いているのです)。「今は、許してあげる」からですね。余りにも見事に筋が通っている上、このように適切なフレーズごとにトーンを変えるというような詰めの細かいことは、実はできている歌手はいないのですよ・・・それは、例の名演のご紹介の時にご説明します。

この場面のトスカの最後のパートは"E avanti a lui, tremava tutta Roma!"です。これは一応、1点ハ音が付いているのですが、お節介な人が「あなたは美声なのだから、歌った方が良い」と言われて、スカラ座公演などで歌うようになるまでは、例の「劇場用」のどっしりと響く声で、朗唱するのが常でした。"lui"や"tutta Roma"に強勢を置いて、妙味のある朗唱にしています。29歳なのに・・・。


第三幕からのご紹介は次回に回します。