読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1951年 『トスカ』 スタジオ録音(4)

1951年の『トスカ』のスタジオ録音から、テバルディの登場シーンを中心にご紹介してきました。最終回は第三幕。悲痛な場面です。

1. プッチーニ 『トスカ』 第三幕 "Ah! “Franchigia a Floria Tosca…”"


何と、私のブログときたら、『トスカ』を紹介するのに「妙なる調和」も「星は光りぬ」もご紹介しない、というわけです。何しろテバルディに捧げたブログなので・・・。

というわけで、テノールが有名アリアを歌った後、絶望に浸っているまさにそのとき、トスカがやって来て、「自由になれる!」と、絶望のどん底から歓喜に舞い上がるシーンです。この後に何が待っているか知っている私たちにとっては痛ましくさえありますが・・・。

まあ、若いからテバルディの入りの生きの良いこと。(con entusiasmo)「熱狂的に」というト書きのある"Sei libero!"の立派な響き!とにかく、「あなたは自由なのよ!」ですから、これくらい活気がないと本当に嬉しいのかどうかわかりません。これだけやってくれると、もう舞い上がってますね、と。

スカルピアが恩赦を出すなんて、と不思議がるカヴァラドッシに、結局いきさつを話して聞かせることになるのですが、(勿論、「オペラ」なので「歌って聞かせる」の方が正しいですかね。)ここのくだりは、しばらくは特に指示がありません。

その前にもアクセント記号などがついている箇所はあるのですが、目立つのは"la sua preda pronte a ghermir..."のところにクレッシェンドの指示があること、そして、ここはご存じの方も多いかと思いますが、"io quella lama gli piantai nel cor!"の"lama"がハイCだということです。でも、前の記事をお読みになった皆さんは、実はここだけではなかったのをもうご存じですね。

さて、テバルディの歌は、というと、まあ、もの凄い張りで歌い続けていますが、"Rullavano i tamburi..."のフレーズで一度声量を落として、次でクレッシェンドがかけられるようにちゃんと準備しています。ここは、オケの楽器が薄くなるので、声量を落としても消されるリスクが少ないという実際的理由もあります、ありますが、その辺をちゃんと考えた上で次の準備をするのとしないのでは、効果が変わってきますよね。問題のクレッシェンドは、そういうわけで、きっちりかかっています。その直後の"Sei mia?"のあたりは、オケがフォルテで鳴るので、ヴォーカルスコアに指示がなくても、強力に歌わないと消されてしまいます。彼女は声を張り続けています。"...promisi"のあたりはオケがフォルティッシモで、"ei scrisse foglio..."あたりでやっとピアノになる・・・はずなのですが、結構鳴っているので(エレーデさん、何をしてたの?)彼女は声を張りっぱなしのまま、大変なフレーズに突入。

"Io quella lama..."まあ、もの凄い"LAMA"で、こればっかりは、このときの若さのなせるわざかな、と。これだけ維持できているのは珍しいです。ただですね、またエンジニアが余計なことを・・・明らかに彼女をマイクから離れさせているのです。まあ、このもの凄い声をまともに収録したら、やはり音がひずんだかもしれないですね。

身を守るため、とはいえ人一人殺したのはショックでないはずはなく、特に手が忌まわしい男の血で汚れたことが生々しく記憶に残っている彼女。"N'ebbi le man tutte lorde di sangue..."は、もう少し歌が練れてくると、悲しげなトーンが明らかに入ってくるのですが、ここでは若干、という感じです。

ですが、その後にその手を最愛の人に褒めちぎられて、トスカのショックも和らげられます。"Senti, l' ora è vicina..."はピアノですから、優しく歌わなければいけません。そして、気分を変えて、旅立つ準備の話題に。そして、"Ma prima...ridi amor..."から、見せかけの処刑について説明するあたりは、本当に笑いを交えながら歌っています。後年は、ここまで楽天的ではなかったと思います。

問題は、"Simlata supplizio."の後に、"Al colpo cadi. I soldati sen vanno..."の所ですが、"colpo"が抜けてしまったことです。その前の定冠詞も。間違って記憶したのでしょうかね。私の字幕は、テバルディが歌っているとおりにしました。実は、歌詞を間違ってもテイクの取り直しって、いちいちやってもらえなかったようなのです・・・。何しろ、当時のメジャーなレコード会社と言えば、デッカやEMIや、RCAなど、英米のレーベルでしたから、プロデューサーもエンジニアもイタリア語の細かい誤りなどさほど気にならなかったのでしょう。

レコーディング時の内情って、ほとんど明らかにされていません。私は、有名なデッカの、ゲオルク・ショルティによる、『ニーベルングの指輪』の全曲録音のドキュメンタリー・フィルムは見ました。あれを見た限りでは、「結構凝ってたんだわね・・・」という印象でした。ミキシング・コンソールを前に、プロデューサーのジョン・カルショウと他に2人がスコアを広げつつ並んで、その部屋とゾフィーエン・ザールのショルティがマイクで通話できるようになっていました。テイクはいくつか取って、ベストのものを巧妙につなぎ合わせているシーンもありました。ですが、あれは、『リング』のサイクルを商業用に全曲録音するという、当時としては異例のプロジェクトで、社運をかけたものでしたから、それ以外の録音についてはそれほど注意を払っていなかったのかもしれない、と思うに至りました。イタリア・オペラの方が手っ取り早く稼げるけれど、音さえ標準を満たしていれば、何がどう歌われていても丸投げだったのではないかと。

ただ、ここでなんとなく想像がつくのは、やはり、歌手はある程度記憶ベースで歌っていて、スコアをいちいち目で追いながら歌っていたわけではなかったのだろう、ということです。スコアを見ていたら、こういった間違いをするわけがないので。信じられないのは、トチったら、歌手は普通気がつくので、採り直しを求めるはずなのですが、無視されるか、採り直したテイクが採用されないままリリースされてしまった、ということです。これは、実はカラヤン盤の『オテッロ』でも起きている問題なのです。

さて、話を鑑賞の方に戻します。"e noi siam salvi"の連呼は、アラルガンドの指示しかありません。テバルディは、嬉しさを隠さず声を張っています。"Poscia Civitavecchia..."のフレーズは"quasi a piacere"「ほぼ、ご随意に」と。テバルディは"e via per mar..."を非常にソフトに歌っています。ピンと張り詰めたスピントの声で歌っているときも素晴らしいのですが、こういう柔らかい歌も歌えたので、一本調子にはならないのです。その後の"Liberi!"には指示も何もないですが、ここは今度は声を強めて、「自由」の喜びをそのまま出しています。

次に指示があるのは"Senti effluvi di rose?"で、ピアノかつ、"dolce"で歌え、と。ピアノにしては少々大きめですし、もっと"dolce"にできそうなテバルディなので、ここは中途半端かな、と。むしろ、音高の下がる次のフレーズ"Non ti par che...innamorate il sole?"が大変ソフトです。まさに、ビロード。ラレンタンドとディミニュエンドの指示がありますから、テンポと音量を落としていっていますが、それ以上に歌い方の柔らかさが素晴らしい。

"Amor, che seppe..."からは"con anima"「感情を込めて」の指示がありますので、また張りのある、元気な歌に戻りますが、まあ、ここで仰天なのは、このフレーズの終わりから次への移行の仕方。"e in mar nocchier, e"なぜ、"e"なんて、中途半端なところで切るか、というと、"nocchier"の最後の2点ト♭と同じ音高の"e"がタイでつながれているからです。そして、テバルディは、"nocchier"までしかクレッシェンド記号がないので、"e"に移ると、巧みにタイを歌い続けたまま、ピアノくらいに声量を落とすのです。これが・・・。恐るべき美しさで決まっています。

そこから、"...il mondo riguardare"には別に指示はないですが、彼女は今度はクレッシェンドをかけています。音高が2点音域に上がるというのもありますが、オケの楽器はほとんどピアノですので、そうする必然性はないのです。ただ、"e"で落としたまま、小さな声で歌うと明らかにつまらなくなります。ここでまた盛り上がるので、聞いている方も気分が盛り上がる。さして、感情の表出をさせるような言葉がない場所でも、(未来像を夢見つつ語っているところですから)山と谷を作る。29歳にして、ここまでできあがっていると・・・。プロデューサーサイドが彼女に丸投げでも仕方なかったかなと。「彼女は、任せとけば良いから。」のように・・・。

次の"Finché congiunti..."からがまた美しい・・・。"celesti"など、本当に「天国」が見えるような声です!そして、"alte sul"にデクレッシェンドがついていて、次の"mare"はピアニッシッシモ。かつ、またデクレッシェンドをかけろと。どこまで弱音にすれば???ただ、テバルディの歌は確かに"mare"でかなり弱音になっています。しかも、これまたビロードで。

"A sol cadente..."からまた彼女は盛り上げる。これにはまた、先を読んでいるからです。"nuvole leggere"が3連続しますが、これが厄介。2度目のには"piu piano"の指示があり、3度目のにはピアニッシッシモかつ"morendo"の指示が・・・。これじゃ、消えちゃいますよ!しかしです、テバルディはこれを実践しているのです。2度目は明らかに弱音になっていて、3度目は更に弱音で、最後は消え入っている・・・。立派すぎて呆然とします。

そこで薔薇色の未来像は終わって、現実に戻ります。狙撃隊はまだ来ない。トスカは恋人が上手く死ぬ「演技」ができるかどうか、で気をもむのですね。"Al colpo egli è mestiere..."には(con premurosa tenerezza)「気を遣った優しさで」というト書き。ここでは、余りひねりを入れていません。伝えるべきことを伝えれば良いので。それでも、"io saprei movenza..."の最後は弱音にしています。ここまで細かいのは余り聞いたことがありません。

"Parlami ancor..."とカヴァラドッシにリクエスト(?)されて、"Uniti ed esulanti..."と歌い出すところには、(si abbandona quasi estasiata, poi accalorandosi poco a poco)「ほとんど恍惚とするに任せ、だんだんと熱を帯びて」というト書きが。その通りの歌です。プッチーニの方も相応しい指示を出しています。"canti, diffonderem"はクレッシェンドしていって、最後はフォルテです。

"Trionfar..."からはまた別のト書き。(con grande entusiasmo)「非常な熱狂と共に」です。"freme in celestial..."から"Ed in ar-(monico)"までクレッシェンド。そして、"vol"はデクレッシェンド。"gia l' anima va all' estasi d'amor"の頭にはピアノの指示。かつ、"calando"「調子を落として」ということになりますが、デクレッシェンドとどう違う?二人の歌は指示通りです。

次のテバルディのフレーズには厄介な注文が。"rallentando sino alla fine"「終わりまでラレンタンドしていく」と、"lentamente, con delicatezza affettuosa"「非常に遅く、繊細な情愛を込めて」って!ですが、テバルディにはお安いご用・・・だったようで。歌い出しから甘口ですが、特に"mille baci"や"nomi d' amor"のとろけるような甘さと優しさは、プッチーニも納得(?)の歌ではないかと。


2. プッチーニ 『トスカ』 第三幕 "L'ora."---"Son pronto!"

 最初のやりとりは特に、ということはないです。淡々と、「処刑」の演技指導、という感じで。実はピアニッシモの指示があるのですが、わざわざひそひそ話にするのは「取って付けたようなリアリズム」でしかないですから。

その後の"Come è lunga attesa..."からは、歌詞からわかりますが、のろくさい狙撃兵の準備にトスカはキレかかるのですね。強弱や表現上の指示はしばらくありません。"ma questa angoscia eterna pare"は内容が内容なので、テバルディは声を大きめにします。

エレーデさんの指揮は・・・。この辺がやけに遅い。トロい狙撃兵に合わせた?とにかく、スタジオだけに、テバルディの歌は全部しっかり入っています。ライブだと、この辺は聞こえにくかったりすることもありますので。

"O Mario non ti muovere..."の頭にはピアニッシモの指示。そして、"con voce repressa quasi parlato"「半ば語りのように抑えた声で」とあります。最後は1点ハ音まで下がる、1点音域の続くところですが、どちらにせよピアニッシモなので、テバルディは抑えて歌っていますが、声自体はちゃんと歌詞が明瞭に聞き取れるくらい響いています。

"Presto su, Mario, Mario..."の頭にはピアノの指示。まだ恋人が本当に殺されたとは夢にも思っていないので、とにかく、早く脱出しようと促すのですが、"Mario! Mario!"と音高が高まるところでクレッシェンドの指示があり、彼女にも真実が知れたのがわかります。このあたりは、明らかにライブとまるで違います。ライブは、もう、半ば半狂乱?ような、そんな絶叫して大丈夫?という声で"Mario! Mario! Finire così?"とやるのですが、ここではさすがにそれはやっていません。"Ah!"は「叫べ」という指示があるので、ここで彼女が叫んでいるのは、スコアに従っているだけです。ライブの時は・・・とにかく凄いです・・・。

そして、この録音はかなり律儀に、トスカの歌詞を全部歌わせ、追っ手の歌詞も全部歌わせています。通常、ライブでは、狙撃が終わったら、ばたばたとスポレッタたちが来て、あっという間にトスカの最期の場面を迎えてしまうのですが・・・。

最後の決めぜりふ、"O Scarpia, avanti a Dio!"の声の張りはさすがです。このときの"Diiiiiiiioooooooo!"の長いこと!(2点ロ♭です。)ライブの時は、この後に"Ahhhhh-----!!!"と叫び声を上げながらサンタンジェロの上から投身自殺するのがテバルディのトスカの終わり方でした。この絶叫もまた、聞き物だったりするのですが、彼女はさすがにこれも、スタジオではやりませんでした。


やはり、『トスカ』はライブの方が「熱血」が入る上、詰めも決して粗くはありませんから、ライブを聞いた方が良いと思います。でも、前の私のブログの時はこのときのテバルディは今ひとつと思ったのですが、聞き直して、却って、ステレオ盤よりこちらの方が彼女自体はやはり出来が良いように思えてきました。何といても、若さがなせる、熱気がこもっていて、落ち着き払ったステレオ録音の方より、ライブに近いものがあると思うのです。決して悪くはない歌ですので、これが80歳記念盤で抜かされた理由が・・・よくわからなくなりました。


次回からは久々のライブ録音のご紹介になります。それも、非常に珍しい、スポンティーニの『フェルナンド・コルテツ』です。