読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

1952年 『アイーダ』スタジオ録音(2)

1952年の『アイーダ』のスタジオ録音からの、音源のご紹介第二弾。

第二幕に入ると、すでに戦いはエジプト軍の勝利に終わっていて、その後の話、となるのはご存じかと思います。

まずは、アムネリスとアイーダの直接対決シーン。

1. ヴェルディ 『アイーダ』 第二幕 第一場 "Fu la sorte dell' armi"


言いたかないですけど・・・。スティニャーニさん・・・。やる気ありました?最初からゆるゆるですよね。"Il tutto che ti pesa sul teco tu divido."・・・"pesa"が「ペーザ」じゃなくて、何だか別の単語に聞こえますし、最後の"divido"が「ディヴィーーード」ではなくて「ディゥィーーーーーーーーロ」みたいなのは、何なのです?この人が・・・折角のこの盤を台無しにしているのですよ。オペラの全曲録音は、キャストの実力がそろわないと、ガッカリ、という目に遭うのです。ここでは、この人は無視することにしますが。

それに比べて・・・テバルディの入りが素晴らしすぎる・・・。"Felice esser poss' io"はフォルテの指示なので、彼女はのっけから強い声で歌い出します。最後の「イオ」までくっきり聞こえる。これが模範的歌唱ですよ。後輩に負けてどうするのでしょう・・・スティニャーニさん。とにかく、「幸せなはずがないのに、この人は何を言っているのかしら?」と、多少憤慨混じりなのですね。でも、ギスギスはしていない。

"lungi dal suol natio, qui dove ignota m’ è la sorte del padre e dei fratelli?は"(i-)gnota m è la sorte del"までクレッシェンド。勿論、彼女の「不幸」の本当の理由はここには表れていませんが、これも「不幸」の一部には違いない。入りの"lungi"が強く聞こえて段々弱音になるのは、音高が下がるからですが、「遠く離れて」を強調するのは適切なことなので、特に問題では無いと思います。その後のクレッシェンドの仕方はスコア通りとは言えないです。"fratelli"の"-tel-"が2点ヘ♯まで上がるので、そこまでクレッシェンドをかけています。実は、伴奏の方がここでフォルテッシモになるので、歌手も、途中までしかクレッシェンドの指示がないからといって、そこまでであっさり声量を落とすのはリスキーなのです。オケに消される。「不幸」の理由を訴えているのに弱音にする必要も無いですし。

直前のスティニャーニの"Amore..."が悲惨なので(ウォブルしている上、声の衰えが隠せていません)テバルディの美声が目立ってしまう。ただ、指示は困ったもの。ト書きの方は(vivamente commossa)「大変動揺して」なのに、スコアの方は"sottovoce a parte"「小声で、傍白」になっています。「動揺しながら、抑える」・・・うーん。"Amore, amore! Gaudio, tormento, soave ebbrezza, ansia crudel!"美しすぎて・・・「動揺」しているようには聞こえないです。テンポが速めなので、急き込み気味の歌がかろうじて少々興奮状態なのを表してはいますが。ただ、とにかく美しい・・・。"Gaudio" "soave"などは言葉に相応しい音色ですし、その後が!"ne’ tuoi dolori la vita io sento, un tuo sorriso mi schiude il ciel." "un tuo sorriso"の"un"がこんなに美しいのは!2点イ音を敢えて弱音にして素早く元の声に戻しています。こういうことは、初期のテバルディにしかできませんでした。鳥肌ものの一瞬です。

ずっと抑えめに歌っていますが、内容は矛盾だらけ。それがこのヒロインの本来の「不幸」の原因なのですから。「愛」が「喜び」であり、「むごい責め苦」でもある。このような考えはメロドラマにつきものの、ありふれた状況に過ぎないのですが、このように歌われると、何だか安っぽいメロドラマとは別世界の、「高貴な苦悩」みたいに感じられてくるので、歌手の歌い方によってドラマの内容まで変わってしまうのですね。

字幕では省いてしまいましたが、"un tuo sorriso mi schiude il ciel"がもう一度繰り返される間、"poco a poco crescendo"になっています。段々、強い思いが抑えきれずにあふれ出すのですね。テバルディの歌声は実際、強まっていきます。"ne’ tuoi dolori la vita io sento, un tuo sorriso mi schiude il ciel." 最初の"ne'"に来るまでにフォルテになっていないといけません。そこからは今度はデクレッシェンドですが、音高も下がるので、自然に声は落とせます。ただ、今度は低音になる分、"sento, un tuo sorriso..."あたりの音はほとんどメゾと同じくらいの音高まで下がりますから。ちゃんと声を響かせないとアムネリスに消されます。(実際、2人とも最後は同じ1点ヘ音で終えるのです!)テバルディの"sento"(1点ホ音) "sorriso"(一番下がるのは1点ハ音まで) "schiuuuuuude" (1点イ音)"il ciel"はちゃんと聞こえます。

このあたりを聞いていると、本当にテバルディが不調だったのかどうか、確信が持てなくなります。ただ、一幕であのようにたった一瞬声がいがらっぽくなるのも、彼女としては「異常事態」なので、多分風邪気味だったろう、と。ここを聞く限りでは、全くそうは感じませんが。

しばらくスティニャーニの独演会で(この人の歌・・・本当に単調ですね。やっと最後で暗い音色を出している程度。)アムネリスに「味方の将軍があなたの軍の手で倒れたりするのだから」と言われて、かまをかけられているとも知らないアイーダは愕然。"Che mai dicesti? Misera!"もう、隠す手間もかけずに本音をさらけ出してしまう。別にフォルテの指示はないのですが、オケがそうなっているので、("misera"で音高も2点ロ♭まで上がります)テバルディは強く歌っています。考えてみると、彼女は父親の軍勢の敗れた姿ばかり想像して苦しんでいたのですから、逆を聞いたら「ええっ!!!」となっても無理はないのです。

この辺、スティニャーニとテバルディの逆転現象が。スティニャーニはメゾソプラノにしては低音の響きが薄く、むしろ高音の方が出しやすかった模様。テバルディはソプラノとしては低音の響きが充実している方だった。だから、アムネリスのほとんど1点音域で歌われる"Sì...Radamès da’ tuoi fu spento..."が十分不吉な音色を持って前に出ていない。ところが、彼女はほとんど2点ヘ音で歌う"E pianger puoi?"の方は強すぎるくらい前に出している。これ・・・メゾとしてはダメですよ。両方ちゃんと響かないと。そして、アイーダの"Per sempre io piangerò!"もほとんど同じ音域で歌われるのです。"io pian(-gero)"がやっと2点ヘ音。ここはテバルディの底力が出ています。

テバルディの"Avversi sempre a me furo i Numi."に強弱の指示はありません。オケにフォルティッシモの指示があるから、これだけ強く歌ったのでしょう。アムネリスの前の歌詞が見当違いだという、少々憤然とした様子も出るのですね。「神々が私の願いを叶えたことなんて無いのに!」と。勿論、見事に相手の手管にひっかかっているのですが。

次のアムネリスの"Trema"が強いのは当然です。フォルティッシモの指示が出ていますから。ですが・・・またやっています、この方。「トレーーーマ」に聞こえない。「トーーーーーマ」みたいです。よーく聞くと、若干、「レ」がはいっているんですが、これでちゃんと発音したとは言えないと思います。"Tu l' ami"の低音が全然前に出ていない。この方、メゾ??? とにかく、その後にテバルディが"Io?"と慌てる。それは・・・これまでのやりとりで十分バレてますから。

"Un detto ancora e il vero saprò."は全部、2点ハ音まで上がらない、中途半端な音域。不気味な意地悪さはまるで出ていません。声が水ぶくれでもしたようにぶよぶよと弱まっているので・・・。"Fissa"が響くのはこういう方にとっては当たり前。2点ホ音なので。しかもフォルテの指示。この方がメゾでやっていけたのが不思議です・・・。妙に強い高音のために重宝がられた?とかく、「悪役」が多いメゾとしては、不気味な低音が響かないとこういう女同士のバトルでしかるべき効果が出ないのですが・・・。

低音の出ないメゾ、スティニャーニと対抗するという妙な立場のテバルディ。"Radamez, vive!"と聞いて、あっさり白状。"Ah! grazio o numi!"ここの"Aaaaaaaaaaaaaaah"の長さと強さには驚きますが、本当は、前に"Vive!"が入って、そこを伸ばすのです・・・。テバルディも変な相手とのバトルで調子が狂った?

"Mia rivale! Ebben sia pure...Anch’ io son tal..."と言いかけるアイーダ。ト書きには(con orgoglio, alzandosi)とあります。「誇り高く、立ち上がって」です。「私だって・・・(王女なのよ)」と言いたかったけれど、「まずい!」と気づいてやめるのですね。歌詞が歌詞なので、強弱の指示はなくても、テバルディは声を張っています。うーん、本当に不調だったのかどうか?確信が持てません。次も凄い声ですから。

"Ah! che dissi mai? Pietà, perdono!" ここが絶妙です!最初の"Ah!"は目一杯強い声で、(オケがフォルティッシモですから)"che dissi mai?"からは涙混じりになります。それがいかにも自然で、この場面に相応しい。このシリーズの前で、軽妙かつ明っかるーいテバルディをお聞きになりましたよね?どちらをやっても役柄そのままにはまることができたのです!

"Ah! Pietà ti prenda del mio dolor. È vero, io l’ amo d’ immenso amor."には"cantabile espressivo"「カンタービレで、情感を込めて」です。"Ah"は本当はただのタイなのですが、テバルディはポルタメントしながらデクレッシェンドもする。そして、2点ヘから1点へという、オクターヴ下がるポルタメントをして、一度ブレスを入れると、後は歌唱が乱れない程度に涙混じりにしながら、なめらかにレガートのフレーズを歌っていくのです。"E vero io"には"-ro"を頂点にクレッシェンドとデクレシェンドがついていますから、強めに歌っています。ただ、フレーズの最後の"dolor"や"amor"でデクレッシェンドして消え入らせているのは彼女の裁量です。"amor"は2点ホ音から次の1点ヘ音"tu sei felice..."に続ける前にまたポルタメントしています。(指示はありません)

"Tu sei felice, tu sei possente, io vivo solo questo amor."は、"(pos-)sen(-te)"の2点ヘ音を頂点にクレッシェンドとデクレシェンドの指示。ここのフレーズは涙混じりではない。アムネリスの「良いご身分」と自分の「惨めな境涯」を語るところですから、彼女の苦悩の最大の原因「愛」とは関係ないのです。しかし・・・このほとんど1点音域のフレーズの美しさはテバルディならではで、「メゾソプラノ」のスティニャーニのようなぶよぶよした声とはまるで違う、ビロード。「カンタービレ」で「情感を込めて」ですから、いくら相手が恨めしくても、かみつくようには歌わないのがテバルディで、だからこそ、アイーダの、繊細さや感じやすさが表現できる。そして、聞き手の私達はこのキャラクターに同情を感じる。そして、こちらがラダメスに愛されるのは当然だという感覚も湧くのです。

テバルディがこのように歌うので、スティニャーニが荒っぽくて、表現のきめが粗くても、「意地悪な女」としてはこれでまぁいいか、ということになる。歌も無様なので、到底愛すべきキャラクターに聞こえない。ですが、ですが。実は、肝心のアムネリスの見せ場、第四幕第一場ではこの役柄はラダメスへの愛を「女性らしく」歌い出さないといけないのです。この調子では、そこで説得力が出せませんね・・・。

もう一度繰り返される"Tu sei felice, tu sei possente, Io vivo solo per quest’ amor!"は二重唱なので、それなりに声を張らないといけませんが、アムネリスが横やりを入れる"possente"がまた最強になるスコアなので無理なく声を前に出せます。しかし、又してもビロードの美声です・・・。

"pietà, pietà, ti prenda del mio dolor"は違ったパターンで2度繰り返されます。最初は"pren-"の2点ヘ音を最強に、デクレッシェンド。"(pren-)da del mio"は一音節ごとに強アクセント。次の同じ歌詞は、やはり"pren-"が最強になるのですが、その間に音高が2点ヘから2点ホに上がります。"-da del mio dolor"は最初より複雑に音程を変化させるようになっています。テバルディの歌はその通り。脇で何か言っている人がいますが・・・テバルディの涙混じりながら、スコアの要求を満たしている歌に感心しきり、で、そちらはどうでもいい、です。ここも最後、2人が同じ音を歌う(1点ヘ音)ようになっています。片方は荒っぽくて片方はソフトなので、違いが何とかわかります。

アムネリスは無視で、"Ah pietà! Che più mi resta? Un deserto è la mia vita;"に進みます。ここからの一連の部分には強弱の指示はありませんが、オケがピアニッシモなので、あまり歌いまくるのは不適当でしょう。歌詞も、自滅に近い内容ですし。非常に小刻みな8分音符あるいは16分音符の連続で、レガートなしです。やたらとフラットやらナチュラルやらがつく、音程の取りにくい箇所なので、正しく歌うだけで目一杯ですね。ここは仕方ないと思います。

ここをくぐり抜けると、"Ah pietàaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa"と伸ばしながらクレッシェンドしていき、"quest' amor"の"amor"でフォルテに持って行くという試練が待っていて、更に"amor"で階段を上がるように音程を上げながらハイCをフォルティッシモで出す、という最大の難関が待ち受けているのです。そこから、"aaaaaaaaaaaaaaaamoooooor"で音程を下げていき、"nella tomba io spegnerò..."をメゾと全く同じ音で歌えという注文までついているのです!途方もなく大変な役です・・・。が、テバルディはその通り歌っています・・・。「不調」は思い過ごし???「不調」でこれをやっているなら凄すぎます・・・。

その後は"pietà, pietà!"の最後の"-tà"でハイCこそ出さないけれど、2点ロ♭を出せというご注文が。ここももの凄い声!オケがフォルティッシモですので。

邪魔な(苦笑)アムネリスがいなくなった後。"Numi, pietà, del mio martir, speme non v' ha,"でまず、"martir"の2点ホ♭から"spe-"の2点イ♭まで上げながら(ポルタメントです)クレッシェンド。次の "speme non v' ha pel mio dolor...Numi pie-"までクレッシェンド。"-tà, del mio soffrir."は特に指示無し。 "Numi, pietà, del mio soffrir."はオケがピアニッシモになるので、歌手も声量を落とすのが自然でしょう。

テバルディの歌。又してもビロードでこの上なく優しい。そして、悲しい。泣いてこそいないけれど、意気消沈している。ただ、「慈悲を乞う」ところではヘナヘナしていません。クレッシェンドはきっちりかかって、"spe-"が最強に。その後も強い声を維持して頑張っています。最後の"soffriiiiiiiiiiiiir"の長さは・・・。そして、こういうときにはテバルディは"i"をキツく発音していない。彼女が『トスカ』でスカルピアに"t' odio, t' odio, t' odio"と叩きつけるときや、『ファルスタッフ』で相手の太鼓腹をからかいながら"vulnerabiiiiiil polpa!"とやっているときの"i"の鋭さとまるで違うのです。言葉本来の音の持つ力も、彼女の表現にはしっかりと、意識的に使われているのです。こういう所にお気づきにならない「評論家先生」は一体、いつちゃんとした「評論」をお書きになるのでしょう?こうした点がまるで聞き取れないとしたら、「自称」評論家先生と言われても仕方ないのですよ。私がこの職業の方々に少々とげのあることを書いているのは、歌唱を聞く前に、歌っているのが「誰であるか」によって、「先に」どういう評価を下すか決めつけているとしか思えないからです。そういうのを「客観的評論」とは見なせないと思いますから。後日、唯一、見付けることができた、テバルディに対する「正当な」評論をご紹介しますが、それとても大事な点を聞き落とされておられる。本来は資格試験の必要な職業だと思いますが、そういうのがまるでないから、平気で誹謗中傷をお書きになった方の例はもうご紹介しましたね。

2. ヴェルディ 『アイーダ』 第二幕 第二場 "Che veggo!...Egli?...Mio padre!"


敗戦のエチオピア軍の捕虜達の中に、父の姿を発見して驚くアイーダ。しょっぱなから凄い声・・・。別にフォルテの指示はないです。ですが、こういう場合、驚いた様子を出さない方が不自然ですから。

"Tu prigionier!"も特に指示はないですが、「王」である父が「捕虜」なのは、父の心中を思っても彼女にとって辛いことでしょうし、親子そろってこんな憂き目に遭うとは、というやるせない気持ちも「どうしてこんな目に遭うのかしら!」という慨嘆になって表れるのが自然です。

次のアイーダの出番は、アモナスロが部下達の助命嘆願をした後に唱和する部分からです。その前の"Ma tu Re, tu signore possente..."のアモナスロのパートに"dolce"の指示が出ているので、プロッティもソフトな調子で歌っています。助命嘆願するのに怒っているように歌うのはあり得ないですから・・・。

アイーダの場合、入りはピアノの指示。アンサンブルの中でピアノで歌え、って・・・。いじめですか? "clemente"で小さくクレッシェンドして、また次の歌い出しに、念を押すようにピアノの指示。"Ah! doman voi potria"の歌い出しでやっとフォルテ。"voi potria il"までは厄介なポルタート。

確かにテバルディの歌は静かです。しかも・・・美しすぎる!!!あえてクレッシェンドはしていないですね。"Ah!"で一瞬大きくなりますが、また抑えて歌っています。「嘆願」ですし、彼女の場合、「心から願っている」様子が出せないといけない。アモナスロの方には下心があるのですが、彼女の方にはそれがない。本当に、故郷の兵士達を救ってあげたい一心だから、こう歌うのです。私が兵士だったら、「王女様」の余りの優しさに泣けてきます。

今度の入りは"Pietà!"です。ここにフォルテの指示はありませんが、テバルディは声を張っています。「嘆願」から「陳情」に移る。直前の祭司達の情け容赦の無い口上を聞いて、必死になるから、これで適切なのですね。その後も同じ状況が続いて、ひたすら"Pietà!"です。

その後はアンサンブルの中で、全員が声を張り上げている中で歌わなければなりません。"Ma tu, o Re, signor possente, a costoro ti mostra clemente"ここは入りはフォルテの指示で、最後の"clemeeeeeeeeente"がフォルティッシモです。ソプラノは高音域なので、聞こえやすいですが、さすがに分厚いアンサンブルの中だと響かせるのは大変です。何とか聞こえますが。"clemeeeeeeeente"は見事なまでに響いています。2点ト音という高音を出している上、フォルティッシモですので。ですが、非力な歌手にはこれはできないし、だいたい、声がヒラヒラして、このように盤石なまま維持できません。

おのおのが勝手なことを(?)つぶやく間、アイーダは"tua pietà imploro"をピアノで歌えと!ちょっとピアノにしては大きいかも知れません。テバルディは「埋もれる」のをよしとするタイプの人ではなかったので。ちゃんと聞こえます・・・。

次の入りはフォルティッシモです。今度は「意地でも聞かせろ」ですか?ヴェルディ様・・・。ちょっと無茶では?"oggi noi siam percossi, doman voi potria, potria il fato colpir"アイーダのパートは歌いっぱなしと言うより、はじめは遅れて入り、少し休符を挟みながら切れ切れに歌うのですが、テバルディの声はさすがにちゃんと聞こえます。そして、何より最後が!本当は"colpiiiiiir"で伸ばすように書かれていますが、"aaaaaaaaaaah"に置き換えています。こういうことはよく行われるので特に問題ではないし、それどころか!直前の"corpir"がフォルティッシモなのを、この、ソロで出てくる箇所はディミニュエンドかつアラルガンドなので、弱めていって、遅めにテンポを落とさないといけません。テバルディはまさに『天使の声』で弱音にしながらじっくり聞かせてくれる。必死の訴えから、また次のフレーズの「嘆願」につなげるからです。これだけできていても、どうやら、「不調」だったようなのですよ。。。

また"Ma tu, o Re, tu signore possente..."が来ます。ここは今度はピアニッシモ!アンサンブルですけど・・・。まあ、ほとんど全員ピアニッシモの指示が出ていますから。"Ah"が大きいのはデクレッシェンドの頭で、アクセントがついているからです。アムネリスだけはピアニッシモが出ていないので、スティニャーニさんは意気揚々とお歌いですけれど・・・。

違うパターンになる"doman voi, doman voi, il"まではフォルテ。 "faaaaaaaaaaaaato potria"の頭はフォルティッシモ。私が書いたとおり、「ファーーーーーーーーート」とかなり長く維持。(2点ロ音です)"doman voi potria colpir"に指示はなく、また"doman voi potria il" を歌いながら(ここの頭はメゾフォルテ)"a poco a poco" 「少しずつ」クレッシェンドしろと。次の"fato"はフォルティッシモで、"doman voi potria colpir"の最後がまたどんどん音高が上がって2点ロまで上げていく。ここで一旦切れます。・・・。テバルディの声、見事に全部聞こえてきますし、盤石です。こういう所で埋もれたり、ヒラヒラしたりするアイーダは・・・ダメですね。

最後の"voi potria colpir"は頭がピアニッシモで、アイーダのパートは"colpir"を歌いながら、一旦2点ハを維持してからどんどんクレッシェンドしつつハイCまで上げろという・・・ツラい・・・。そして、最後はフォルテの2点へで落ち着けてそれを維持しろ、というスコアです。

ここも、"corpiiiiir"とやるよりは"aaaaaaaaaah"で歌っていますが、これもよくあるケース。その方が歌いやすいですし、聞いた感じも美しいです。最初のピアニッシモはさすがに聞こえにくいですね。2点ハのあたりから声が響いてきます。この頃の彼女にしては少々金属的な音色なので、やはり、本調子ではなかった、と結論しました。この頃は、比較的無理なく美声のまま高音が出せていましたので。それでも・・・これだけ歌えてしまうのですから、途方もない歌手だったのですよ。テバルディは。

字幕が非常に読みにくいのはご勘弁下さい。ともかく全員の歌詞を無理矢理入れ込みますので。


次は聞き所の多い第三幕。ここも見事な歌の連続・・・。明らかに、体調が悪そうなのがわかるのですが、それでも、こんな凄い録音が後年のステレオ録音のせいで埋もれるのは全く勿体ないのです!