読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voce d' Angelo レナータ・テバルディに捧ぐ

レナータ・テバルディの専門ブログです。情報、動画、鑑賞録など。

Feedlyでの更新情報の受け取り方

ブログの記述が進んで参りますと、いろいろ凝りたくなるブログ主もいます。私もその一人です。

お読みになった方はご存じかと思いますが、非常に辛辣な記事を書いたために嫌気された方が多かった模様で、お越しにならなくなった方が増えました。それで、一旦、限定公開に切り替えたのですが、却って登録を渋る方のほうが増えただけでした。私のブログのように長文で、動画の他には敢えて歌詞の翻訳文をブログ上に再度載せるということをしていないブログは読みにくくても仕方がありません。今後は一般公開のまま、一切方針の変更は致しません。ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。

さて、今回の記事はそのお知らせが目的ではありません。既にご利用なさっている方もおいでかも知れませんが、ご自分でブログに確認に行かなくても、ブログの更新情報を教えてくれるサービスがあります。

はてなブログでは標準装備されていませんでしたので、私は自分で設置しました。Feedly ボタンです。前のシリーズの途中から設置されたのにお気づきかと。でも、先方のサイトが英語なので、少々厄介です。

どちらかというと、スマホの方が利用なさりやすいらしいです。スマホの方はこちらがご参考になるかと。(直にリンクはしません) 

http://www.saiano.com/2015/04/androidfeedly.html 

PCでご覧の方は少々手間取ります。が、向こうから教えてくれるので、楽にはなりますね。私が実際、ブログの更新情報を得るために一通り登録の手順を踏んでみました。使用しているブラウザはChromeです。ご参考になると良いのですが・・・。

1. 私のブログのサイドバーの下に、黄緑色の"Follow on Feedly"というボタンがあります。それをクリックすると下のような画面が開きます。まず、図のように"Follow"という緑のボタンをクリックします。

f:id:AkankoMarimo:20170403103542j:plain


2. すると、ポップアップ画面が表示され、どのサービス経由で登録するか、選択を促されます。私は自分のGoogleアカウントを使いました。どれを選ぶかはご自由です。但し、Feedlyに直接アカウントを持つならば、使いたいEmailアドレスとパスワードが必要になりますので、事前にご用意下さい。私のようにGoogleを経由する場合、Googleから「許可」のリクエストが請求されます。・・・特に問題は無いと思いますので、「許可」をクリックします。

f:id:AkankoMarimo:20170403103622j:plain


3. クリックするとMy Feedlyという、ご自分自身のFeedlyアカウントが作られ、その画面が表示されます。

f:id:AkankoMarimo:20170403103641j:plain


4. 読みたいブログのアドレスを入力する箇所がありますので、そこに私のブログのトップページのアドレスをご入力下さい。右側の言語の表示が「日本語」であるのを確認してから、RSS2.0の右にある"Follow"をクリックします。(別にAtomでも良いのではないかと思いますが、私はこちらを選びました。)

f:id:AkankoMarimo:20170403103827j:plain


5. すると、図のように"+Create a Collection"というポップアップが表示されます。緑の文字をクリックします。

f:id:AkankoMarimo:20170403103841j:plain


6. Collection Nameというダイアログボックスが表示させます。結局Feedlyにフォルダを作るような感じです。ご自分でわかりやすいフォルダ名をつけて下さい。そして、"Create"をクリックします。

f:id:AkankoMarimo:20170403103853j:plain


7. 左側の"Feeds"というところに、作った名前でフォルダができていますので、そこをクリックすると、図のように最近の記事が10件表示されます。多分、表示件数は設定変更できるのだろうと思いますが、特に必要は無いかと・・・。

f:id:AkankoMarimo:20170403103905j:plain


8. 確認したら、ご自分のアカウントを示すアイコンをクリックすると、プルダウンメニューが出ますので、"Logout"をクリックすると、ログアウトできます。

f:id:AkankoMarimo:20170403103925j:plain


9.これだけでも構わないのですが、無精な私は更に一手間。指定したGoogleのメールアカウントを見に行かなくても、ブラウザ(但し、Google Chromeをお使いの場合の話です)を立ち上げただけで、新着情報がわかるように、Chromeの「アプリ」からFeedly Checkerという拡張機能を加えるように操作します。すると、ブラウザ右上にアイコンが表示されるようになりますから、そこをクリックすると最近の記事がすぐ確認できます。更新されると、そのアラートも出ます。

f:id:AkankoMarimo:20170403103944j:plain


10. 新記事が更新されると、アイコンに水色の印と、更新された記事の数が表示されます。それまでにお読みになった記事については、「読んだ」ということを記録するため、記事のタイトルの右側の✓をクリックして消しておくと、紛らわしくなりません。

f:id:AkankoMarimo:20170403104008j:plain


************************

た・だ・し、です。Feedlyって、一時間に一度しかクロールしないのだそうです。ですから、私が朝9:01分にブログを更新したとしても、更新の情報がFeedly側に伝わるのは10:00も相当過ぎてから、ということになるのが普通でしょう。更新されたからといって、即座に知らせてくれるわけではありません。これはちょっと困りますね。

それから、こちらはメリットの方ですが、このサービスは別に、私のブログに限ったことではなく、「Follow on Feedly」ボタンのあるブログさんなら、どこでも同じようにサービスを利用できますから、「コレクション」を作るときにブログ別に分けてフォルダーをお作りになれば、色々なブログの更新情報を一度に知ることも可能です。いちいち確認しに行かなくても知らせてもらえた方が便利だと思います。よろしければ、ご利用下さい。

次回は・・・すんなり1953年のテバルディの話題に進もうかと思ったのですが、どうも、モバイル経由で私のブログをご覧になっている方の方が多い模様。この忙しい世の中で、どっかりとPCの前でブログを熟読なされる方の方が珍しいのですね・・・。厳しい世の中です。とにかく、スマホの場合の大変な不都合は、サイドバーが表示されないので、過去記事へのアクセスなどがしにくいことです。スマホ用のデザインをいじって何とかしたかったのですが、それは結構大変。なので、「一記事」としてカテゴリーが表示されるページを作ることしました。この記事から過去記事にアクセスしやすくなるでしょう。記事を作成したら、スマホページにこの記事へのリンクを設置しますので、そこからカテゴリ一覧などをご覧になれます。

では次は、その、特別のページを。その後1953年のテバルディの話題に入ります。

 ****************

追記:重要

こちらでご紹介したFeedly Checkerは問題あり、とわかりました。詳しくはこの記事をご参照下さい。